梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« TV生観戦 | トップページ | クラヴィコード、チェンバロでCPEバッハ生誕300年を祝う »

2014年6月13日 (金)

しばしお別れ!池袋の名建築で聴くフォルテピアノ

11_2私が古楽器の自主企画でメイン会場として使わせていただいていた素晴らしい音響と雰囲気の池袋の重要文化財の洋館が耐震工事のためこの秋から約3年近く閉鎖となります。そこで閉鎖前にもう一度その素晴らしい音響を味わいたいと急遽フォルテピアノのイベントを開催する事にいたしました。まず第1段として日本で1台という貴重なジルバーマンモデルのフォルテピアノを使ってのちょっと変わったイベントを7月6日(日)19時 明日館講堂銀杏の間で開催いたします。かのJSバッハがピアノと言う当時新発明の鍵盤楽器に初めて遭遇した場面を現代に再現してみようと思います。当日二人の鍵盤奏者に初めてジルバーマンピアノに触れて頂き初体験の衝撃と戸惑い(?)を皆さんに語ってもらう予定。勿論御客様にもバッハの気分を味わって頂けるように試奏タイムをご用意しております。

公式HPはこちら

ジルバーマンピアノの解説やその歴史的背景などを順次公開していきますのでお楽しみに。

« TV生観戦 | トップページ | クラヴィコード、チェンバロでCPEバッハ生誕300年を祝う »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/56487079

この記事へのトラックバック一覧です: しばしお別れ!池袋の名建築で聴くフォルテピアノ:

« TV生観戦 | トップページ | クラヴィコード、チェンバロでCPEバッハ生誕300年を祝う »