梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 暗闇で調律 | トップページ | 仏蘭西の銘器 »

2014年5月23日 (金)

十万円を凌駕する四百円

1_223日、朝楽器積込み前に出番待ちの楽器陣の御機嫌伺い。先日より使い始めている電脳板400円アプリのチューナー(ナント安い事か!)、初めてクラヴィコードで試してみるも繊細な音にも中々反応良好で充分使えそうですね。

2次はポジティフオルガンでも初チェック。こちらは音は正確に取れるのですがやや時間掛かるようで旧式の独逸製(10万円もしたのですよ)の方がコンサートでは使い易そう(僅差ではありますが)。しかし10万円が400円と良い勝負と言うのも困ったものであります。

3今日はハマの人気大ホールでの合唱団公演にオルガンで出動。 いつもは食事に困るお洒落なエリア(高級店は沢山あるのですが)のこのホール、向かいにスーパーやフードコートが出来たようで裏方は大助かり。 公演後また西へ移動。

« 暗闇で調律 | トップページ | 仏蘭西の銘器 »

パイプオルガン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/56290338

この記事へのトラックバック一覧です: 十万円を凌駕する四百円:

« 暗闇で調律 | トップページ | 仏蘭西の銘器 »