梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

アブナイ季節

2530日、GWも中盤戦、例年なら暖かな気候になりながら突然異常乾燥が続く「アブナイ」時期でもあります。いつもこの時期恒例の有楽町熱狂音楽祭や甲府古楽祭の舞台で「チェンバロの響板割れるかも・・・」と言う程乾燥凄いのですが今年はどうやらしばらく雨模様で少しは湿度上がるのでは・・・と期待しております(それはそれでまた楽器の運送で困るのですが)。 2日以上晴天続くと乾燥要注意、しばらくは湿度計とにらめっこの日々ですぞ!

2014年4月29日 (火)

音楽祭まもなく

329日、GW中まもなく開催のあちらやらこちらの音楽祭の準備、また秋の新企画(まもなく発表出来そうですのでお楽しみに!)の打ち合わせなどでバタバタの1日。 甲府の音楽祭には阿蘭陀から入手後まだ正式にはお披露目していない新加入のジャーマン1段を持ちこむ予定。展示会場では自由に弾いて頂けるのでご興味ある方は是非お越しください。

2014年4月28日 (月)

東西掛け持ち

Photo28日、大阪と東京のリハ会場掛け持ちの1日。まずは浪速の某オケ練習場に楽器をお届け。こちらにお伺いする最大の楽しみはご近所の老舗洋食屋訪問、今日も名物の巨大ビフカツに舌鼓打つはずが時間無く牛丼並に急いで掛け込む羽目に・・・(勿体無い!)。 その後500kmを爆走し東京のリハ会場に移動。GWの高速渋滞心配するも今日は平日でもあり立ち往生するまでに至らずギリギリ間に合った!しかしSAはどこも満杯近い混雑振り。明日から本格的な大渋滞始まるんでしょうね。

2014年4月27日 (日)

浪速の老舗ホール

227日、CTの貴公子と伊国水都古楽楽団の公演は浪速の老舗ホールで千秋楽。今日も艶っぽく抜群の安定感ある歌声は浪速の御客様のハートを鷲掴み(?)したようで大受けでありました。ところで50年以上の歴史を誇る今日の老舗ホール、5年前にリニュアルオープンしたばかりなのに楽屋の壁に書かれた出演者のサインが一杯になったとの事で塗り消されてしまったそうな。たった5年で壁一面書き尽くされてしまったとは皆さんどれ程大きなサインをしていたんでしょうね。 そう言えば茨城県の某ホールも舞台裏の名物だったサインがある時突然消されており仰天した事ありました。乱雑なサインも立派なホールの歴史的遺産だと思うのですが・・・。公演後はチェンバロの運搬屋に変身し今日だけで4台の楽器を運搬、GW前半戦なのに意外に道すいてたのは何故?

2014年4月26日 (土)

GWスタート?

126日、前夜のCテナーの貴公子の公演終了後すぐに西へ移動。いつもなら深夜の高速SAはすいているのに昨夜はどこも大混雑、どうやら黄金週間もう始まっているんですね(今日から休みの方は何連休になるんでしょうか?)。 渋滞に巻き込まれながら朝遅くに神戸到着。季節外れの夏のような陽気で車中のチェンバロの保管に四苦八苦・・・。

2午後は西のスタジオで保管中のチェンバロのお見合いのため千客万来。気温上昇で外は乾燥気味ながら(東西とも湿度下がってましたね)スタジオ内は幸い影響無し、楽器の御機嫌麗しく良い状態でお見合い出来てホッ。

2014年4月25日 (金)

CTの貴公子再び上陸

1_225日、今日からCテナーの貴公子と伊国水都古楽オケの来日ツァーがスタート。初日なのにリハ開始が開演2時間前とは大丈夫か?と心配するも聞けばもう約30回近くこの組み合わせで公演をこなしているのでリハは短くてもOKとの事。中々メンバーが来ない中オケから届いていた配置図通りに楽器を並べていると「チェンバロ逆の向きだと思いますよ」と言われビックリ。 実は日本公演直前の中国公演の映像がもうネットで流れていたそうで(ナント前から2列目の席から堂々と撮られた映像だったそうな) 我々にとっては役に立った映像ながら著作権大丈夫なんでしょうか?(どうも中国公演は色々ハプニングあった様子) しかしもっと驚いた事には散々待ってやっと演奏家が現れ楽器をチェックしてもらいOKが出た後に念の為ピッチと調律法を確認するとナント演奏ピッチが半音違っていた!(オケから来た指示書通りにやったのに・・・) 幸い転調しても使える優れた調律法を指示されていたので(笑)鍵盤移動で問題が解決出来ホッ。ややこしい調律法だったらエライ事でした。貴公子の歌は今回も絶好調、ますます舞台姿に華が出てきましたね。オケもシャープながら骨太の演奏で好サポート。次は浪速での公演、お聴き逃し無く!

2014年4月24日 (木)

デカTuner

Photo24日、今日も米国の親分滞在で厳戒令の様子ながら幸い都心に出る用は無く助かりました。首都高なんて全面封鎖の様相でしたね。 今日は出番間近の楽器陣の御機嫌伺いの1日。最近入手の林檎印の電脳板に内蔵のチューナーで調律試してみるも画面大きく老眼気味の身としては見易く大助かりながらメーターの動きは結構クセがありますね。マイクの感度が良過ぎて音の微妙な揺らぎにまで反応してしまうようで思いの外遣り辛い・・・。 しかし今日も東京では湿度30%近くまで下がった模様。 昨日の雨程度では湿度上がらないのかも。相変わらず異常乾燥要警戒であります。

2014年4月23日 (水)

都心近付けず・・・

123日。今日は2件のチェンバロ運送。いつもなら都心を通って簡単に移動出来るコースながら米国の親分が銀座に寿司喰いに来ているとの事で規制激しい都心には近付かず、郊外の外周道路を大回りして目的地へ(怒)。しかし皆さん同じく大渋滞を恐れて車での外出を遠慮したのかどこもいつもより道路すいてましたね。 今日のチェンバロ運送はどちらも小型楽器、どちらもエレベーターにそのまま乗せる事も出来(それでもギリギリでしたが)楽出来ました。 ところで今日の最低湿度は22%だったとの事。昨日雨降ったばかりなのに楽器には危険な程乾燥したようですね(最近お仲間からクラヴィコードの響板が自然に割れていたというお話聞いたばかり)。もうすぐ異常乾燥がよく起こるGWも迫ってきてますし・・・。くれぐれも湿度変化にはご注意あれ!

2014年4月22日 (火)

関東のシベリア?

122日、昨夜神戸を出発し早朝神奈川到着、今日は楽器拝見のため某Cem工房を訪問。自然に囲まれた湖畔では前回は鹿、今日は猿と遭遇。冬の雪の積もり方も半端では無くこれは「関東のシベリア」というべき秘境ですね(それでも夜はウチまで車でたった1時間という近さなのですが)

3こちらは丹沢山系なのであちこちに湧き水があるとの事で早速山奥に入り名水ポイントを捜すと幸運にも水汲み場を発見し丹沢の水をゲット。さてどんな味なのか明日のコーヒーが楽しみであります。

6しかし「関東のシベリア」と命名するだけあって山奥はまだ今冬の豪雪の爪跡がいたるところに・・・。中には崖っぷちの木陰で白い絨毯のようなものを発見。どうやら残り雪?これだけ暖かくなってもまだ雪があるとはビックリでした。 久々に東京に戻りすぐにチェンバロの御機嫌伺い。東京もまだ肌寒いですね。

2014年4月21日 (月)

今日も浪速散策

321日、昨日に続き浪速に出動。今日はこの Fクープラン公演のリハに「賢いオルガン」を提供。調律ピッチ共に完璧な賢い楽器なので(笑)立ち会い不要、それではとリハの合間に今日も浪速の街を散策。まずは浪速の有名商店街へ。 観光客で賑わっているかと思うも通天閣の下の串カツ屋だけ行列で意外に閑散としてました。

 

7こちらの商店街には日本で一番ユニークなCDレーベル(Jazzでは一番勢いがあるのでは)の本拠地があるのですが外からはどう見てもただの履物屋・・・(シューズ店や靴屋なんて呼ぶ洒落たお店ではないですね)。店内もやっぱり履物で溢れかえっており不思議なレーベルでした。

12庶民的な商店街の次は浪速の電気屋街へ。しかし今やお江戸と同じく電気屋の姿は殆んど消えオタクと外人観光客の街に変貌してしまい昔オーディオマニアとして足しげく通った者としては残念。

21しかし裏通りにはまだ昔のままのお店も残ってました。昔は怖いオッチャンに怒られながら真空管捜したものです。今日はただの冷やかしで入る勇気が無く外から眺めただけで退散。

29電気屋街の次は最近Openした日本一というビルを車で移動しながら拝見。しかし駅前の余りにもの変貌振りに仰天・・・。こんなん天王寺ちゃうで!と思ったのは私だけ?

31ホンマに古き天王寺は無くなってしまったのか?と少し奥の方へ向かうとイヤハヤまだ昔のままのエリアがちゃんと残ってましたね。写真を撮るのもはばかられる(?)治外法権の特殊な街並みは健在でした。 しかしもう陸の孤島状態、もしかして歴史的文化財としてエリア一帯を保存しているのかも・・・(そんな訳無いやん!)。

2014年4月20日 (日)

古音盤争奪戦に大興奮

1120日、歴史的な古音盤のオークションが開催される浪速ミナミの街に朝から勇んで出動。日頃入手困難な貴重盤を現物見て落札出来るとの事で全国から百戦錬磨の蒐集家達が集まり1日で1千枚近い古音盤で激しい争奪戦を繰り広げ正にコレクターにとっての真剣勝負。ベテランコレクターが今まで滅多に見た事もない珍盤が出ると「何万円!」と驚きの高額入札も飛び出し見てるだけで興奮!

14殆んどのコレクターの目当ては古い流行歌なのでクラシックと演芸専門の私はあまりバトルには巻き込まれずマイペースで落札出来て大収穫。まずは百年近く前の歌手J・Culpの片面盤を簡単に落札する事が出来幸先良し。

15次は正に珍盤、戦時中の「聴覚訓練用レコード」。銃後の少年少女達の聴覚の訓練の為の教育用の盤との事で、楽器や和音の聴き取り訓練に使われていたようですね。不思議な企画盤であります。

16最後はMyFavoriteMusicianである日本の演芸グループの盤を多数落札出来大満足の1日。 (未入手盤も数枚あり大喜び) 今やネットでのオークションでの落札が当たり前の時代ながら競合相手と同じ場で競い合う生オークションの争奪戦は興奮しますね。これだから古音盤蒐集はやめられない・・・。

2014年4月19日 (土)

コレクション整理

119日、西のスタジオでチェンバロの調整の合間に2年前の引越から放置していた歴史的な(?)資料をやっと整理。実は古楽系の資料の他にも若かりし時代に集めた膨大な70年代サブカル資料もご自慢のコレクションなのですよ。いつかはサブカル関係の資料館かカフェでもやってみたいと密かに目論んでいるのですが・・・。

8仕事終わりに久々に神戸の街に出て呑み歩き。今日は上品にお酒を楽しみ(?)最後の〆は地元民御用達の庶民的な中華料理の店でしるそば。ラーメンでも無く中華そばでもなく「しるそば」と呼ぶべきあっさり味がこちらの中華店の代表メニュー、やっぱり慣れ親しんだ味が一番。

2014年4月18日 (金)

薪で焼く粉モン

118日、今日はランチに西のスタジオご近所の地元で評判という粉モン屋を初訪問。路地裏の何とも庶民的な外観のお店ながら何故か店頭には薪が・・・。こちらは今時珍しく薪で鉄板焼いているとか。 店内はほのかに薪が燃える香りが漂い俄然食欲アップ!

5注文したもだんやき、調理場で焼いた出来上がりを客席の鉄板まで運んでくれるのですが(おばあちゃんが巨大な塵取りのような器具で持って来てくれるのも見物です)薪の火力のお陰かいつまでも熱々で美味!今時神戸で薪を使うお店があったとはビックリでした。(そう言えば讃岐の御贔屓の饂飩店も薪で釜を茹でてまして美味でした)

7今日は雨でスタジオは湿度急上昇。チェンバロまたもや変化してましたね。仕事終わりにはスタジオ近くの湧き水の名所で給水。昔の神戸は水が美味いと評判だったのですが今や水道水は淀川から汲んでいるので(まあ滋賀県民の下水と言うべきか?)薬品臭さが気になるので美味い湧き水が簡単に汲めるのはありがたい!

2014年4月17日 (木)

季節は進む

517日、西のスタジオでドッグ入りのチェンバロと格闘の1日。 季節の変わり目で(湿度変化激しいですぞ!)楽器も微妙に反応しているのか調整が日々変化してしまいますね。 先日出番を終えたウチのチェンバロも調律をチェックするとえらくピッチが動いていてビックリ(環境変化に強いタフな楽器だと思っていたのですが)、10日前はまだ冬の気配濃厚でしたね。今日は暖房切る程の陽気、そろそろ除湿器の出番かも・・・。

2014年4月16日 (水)

新作オルガン&仏蘭西ピアノ

1416日、神戸の御仲間が長年掛けて製作のポジティフオルガンが遂に完成したとの事で御宅を訪問し楽器を拝見。色々なアイデアが詰まった設計素晴らしく独自色豊かなキャラクターのオルガンに仕上がっておりました。まだまだ試行錯誤ですよとの事で今後の進化が楽しみ。

11このオルガン通常は電気モーター作動ながら手フイゴでの演奏も可能との事。その凝り具合には脱帽でありました。やはり人間の手で送る空気での演奏は味わい深いものがありますね。

18新作楽器のお隣にはこれまた凝ったポルタティーフオルガンが・・・(実は2台もありました)。手フイゴならでは醍醐味を存分に聴かせていただき感謝!

20午後は1911年製平行弦の仏蘭西製銘器Erardのフルコンの御機嫌伺い。10年以上弾かずにフタ閉めたままとの事で最初全身が冬眠状態でしたが丁寧に各部を手入れする毎にピアノが目覚め最後は仏蘭西ならではの艶っぽい音色が戻ってきてホッ。

44しかし19世紀の香りがまだ濃厚に残るこのピアノ、アクションの構造が複雑で調整が至難の業・・・。現代ピアノの調整の楽さを再認識しながら100年前の旧式メカニックと格闘の1日。

 

2014年4月15日 (火)

カバーコレクター

115日、先週は満開だった西のスタジオの隣の桜の名所も流石に閑散としておりました。しかしまだ完全に葉桜になっておらず気合を入れて眺めれば(笑)まだ花見宴会出来るのでは・・・。

5日頃私は楽器ばかり集めているようですが実はカバーのコレクションも誰にも負けないはず・・・。今日独逸製Taskanモデル用のカバーを新たに入手(これでチェンバロカバーは11個目!)。このメーカーのカバーは2つ程持っていたのですが手持ちベルトだけでなく肩掛けベルトが装着されているというのは初めて。 外国製は日本人の体格に合わないモノが多いのですがこの肩掛けベルトは果たして使い易いのか?

2014年4月14日 (月)

一斉メンテ

814日、気温も上がり冬仕様ももう終わりとばかり 今日は楽器のメンテナンスと共に車(スタッドレスタイヤやっと外しました)と体(鍼灸院で定期治療)のメンテの1日。 夜は某所で年季の入ったチェンバロを拝見。深夜またもや西へ移動。

2014年4月13日 (日)

九十九里浜

513日、房総半島に現代ピアノ調律で出動。早朝7時(!)に浦安を通るともう鼠王国参拝の皆さんの車で大渋滞にはビックリ・・・、皆さん一体何時に家を出て来てるんでしょうね。九十九里浜まで行くとこちらも早朝からサーファーで大賑わい、太平洋が一望出来る海岸やはり素晴らしい!どうも週末の千葉は行楽気分になってしまいますね。朝から丸一日4台のピアノと格闘し夜帰京。千葉周辺は大渋滞ながら都心に入ると高速ガラガラ、まだ消費税アップの影響あるのでしょうかね? 今日も良い天気で東京の最低湿度は15%だったとか。連日楽器にとって危険日続いております。ご注意あれ!

2014年4月12日 (土)

最低湿度8%

8112日、連日の楽器運送、今日は2段鍵盤チェンバロのマンション3階階段上げ。 以前別の業者が下見で「階段は大変なのでクレーンで吊りましょう」と言っておられたとの事でもしかすると階段上がらないのではと心配するも空中ヒネリ回転という荒技を駆使しナントカ持ち上げる事に成功しホッ。しかし今日は各地で酷い乾燥だったようですね。東京の最低湿度がナント8%!(甲府はもっと凄く6%だったとの事) いきなりチェンバロの響板割れてもおかしく無い程の異常な乾燥でした。皆さんの楽器大丈夫だったですか?

2014年4月11日 (金)

またも東へ

4711日、久々に深夜ドライブで東へ移動。消費税値上げ後はどうも高速の車の数少ないようですね。深夜の割引料金も値上がりしましたし(怒) 早朝東京に戻り早速チェンバロお届け先のマンションの下見に伺うもオートロックで中に入れずカラ振り(管理人が常駐していると思っていたのですが)。相当狭い階段上げとなりそうで下見は出直す事に。 午後は所要で立ち寄った池袋の電脳Shopで思わず林檎帝国の電脳板を衝動買い。 夜はご近所の御仲間のところで色々な情報交換。 今年の古楽コンクール まもなくですね。準備も大詰めであります。

2014年4月10日 (木)

遅咲きの楽器

810日、浪速の名建築の洋館(大正13年築!)でのフォルテピアノリサイタルに出動。奏者所有のWalterモデルはウチの楽器と同じ製作家作の兄弟ながら(それもほぼ同年代)今日が舞台デビューという遅咲きの楽器。 建物のエレベーターが小さく危うく4階階段上げ降ろしになるかとドッキリするも無理やり楽器をエレベーターにねじ込みナントカ楽出来ました・・・。しかし歴史的建築で聴く古楽器の音色はまた格別ですね。当初初舞台のWalter君の鳴りを心配するも心地よい響きに喜んだのか予想以上の堂々の鳴りっぷりにひと安心。

2014年4月 9日 (水)

Made in Hyogo

59日、 Made In Hyogoのチェンバロ2台と格闘の1日。まずは神戸のM氏製作のタスカンモデルをドッグ入りのため4階階段降ろし。かなり重量級の楽器だったようで持ち上げるだけで一苦労(チェンバロと思わずフォルテピアノだと思って持てばナントカ運べましたが・・・)、

17_2西のスタジオの周辺はまだ桜が見頃、今日も静かに花見をされる方で賑わっておりました。ドンチャン風宴会が無いのは実に良いですね。

25今日2台目のお相手は同じ兵庫のH氏製作の楽器。十数年以上フタを開けないままだったという事で音が出ない!調律は全音近く低下!(4fは三度も低下か) 鍵盤動かない!と中々厄介な状態ながら丹念に調整し直すにつれ意外に早く御機嫌が回復しホッ。伺うとペット(可愛いワンちゃん3匹)のために部屋は24時間徹底した空調管理をされていたとの事で楽器へのダメージが殆んど無かったのが幸運でした。

26しかしチェンバロの調整で時間が掛かり過ぎ、予定していた1911年製の平行弦のErardのピアノの調律まで手が回らず・・・。 こちらは次回へ持ち越しに。

 

2014年4月 8日 (火)

春今だ来ず?

258日、花祭り。西洋聖誕祭のスノーホワイトも良いものですが桜満開の中での東洋聖誕祭も素晴らしいものです。今日は街を走ると各地で入学式始業式などで初々しい姿ばかり。私も年度初めの学校のチェンバロ陣の御機嫌伺いに出動。少し満開が遅れた関西なので校内の桜まだ見頃でした。

10今日のお相手は白耳義、独逸、日本と国際色豊かな3台の楽器。朝はまだ少し花冷えで気温湿度共に低く楽器はどうも冬仕様のまま、暖房で春の気配を楽器に送りこんでから(時間掛かりましたが・・・)やっと調律も安定。まだ春が完全に来た訳では無い様子。




2014年4月 7日 (月)

桜満開!

97日、西のスタジオで出番待ちの伊太利式チェンバロの御機嫌伺い。この楽器なら「g3」まで演奏可能なので昨日のような現代曲も弾けるのですがね・・・(流石に16fは付いてませんが)。しかし寒さがぶり返したせいか乾燥も戻ってきてしまいましたね。加湿器まだまだ活躍中であります。

33作業の合間にスタジオのご近所の桜の名所で花見散策。関東は先週には荒天のお陰で葉桜になっていましたが神戸はまだ満開の桜多く正に見頃でした。しかし今年は気温変化が不順だったせいか心なしか花の色が薄いような気が・・・。

12明治大正時代は「新吉野」と呼ばれた全国でも有名な桜の名所だったという場所ながら今や隠れた穴場というべき地味な存在になってしまい、今日も咲き誇る桜の下での宴会はたった一組と寂しい限り(平日のせいか?)。まあ静かに花見が出来るので有難いのですが。





2014年4月 6日 (日)

モダンCemの代理

16日、今日はまもなく日本での舞台デビューを控えるウチのWalterの兄弟楽器の出番前の御機嫌伺いから。少し暴れ気味のコンディションも調整進むにつれ魅力ある音色が蘇り完全復調、チェンバロに比べて面倒な調整ながら結果が上々で楽しい一時。

2次は関西老舗アマチュアオケのリハにフレミッシュで参加。曲は約40年前の邦人作品との事で「16f」や「g3」などモダンCemを想定した内容ながらヒストリカル楽器で頑張って頂きました(流石にフルオケの中では聴こえないので秘密兵器が登場してましたが・・・) ビル8階のホールながら小さなエレベーターしかないよと言われウチで一番小さな楽器を持ちこむと奇跡的に10mmも余り無く(!)ギリギリでエレベーターに押し込む事が出来ホッ。


2014年4月 5日 (土)

桜も見納め?

6_25日、今週末が桜の見頃も最後ではと(昨日の嵐で大分散ったようですね)ご近所の洋館に花見を兼ねて訪問。私の自主企画の常小屋だったこちらの講堂も耐震工事のため2年半閉鎖との事。しばらくは使えなくなるので秋には閉鎖前最後のコンサート是非開催したいものです。まあ文化財の建物なので工事後も完全に復元されるとの事でしばらくの我慢なのですが・・・。

10午後は昨日に続きチェンバロの試奏大会。その後西へ移動、東京は最後の花見に気合入れて準備している方多かったですね。神戸の桜はこれからが見頃かと期待して帰るも生憎の荒天となり散り始めかも・・・。

2014年4月 4日 (金)

個人スタジオをはしご

14日、今日も演奏家の個人スタジオ3軒をはしごの1日。まずは都心近く、板橋ときわ台に新しく開設したこの方のスタジオに豪快な鳴りを誇る亜米利加製フレンチ2段をお届け。まもなくチェンバロ教室もスタートとの事で楽しみ、こちらにはパイプオルガンもあります。

.

3次は調布のスタジオへ。こちらは目の前が桜の名所との事ですっかり花見気分。今日だけのライトアップもあるとの事で周辺は見物客で昼から賑やか。最後はご近所のフォルテピアノ奏者のスタジオへ。夕方突然の雷雨にビックリ。荒れ模様の天気のお陰で東京の桜は今日で見頃は最後かも・・・。

6夜はウチのスタジオで御預かりしている楽器2台の弾き比べ。4月に入りもう乾燥期が終わったのか楽器も御機嫌は上々で調律も安定してますね。

2014年4月 3日 (木)

羨ましい空間

203日、今日は演奏家の御宅2軒をはしごの1日。まずはクラヴィコード、ポジティフオルガン、チェンバロが勢揃い、コンサートもされているという羨ましい個人サロンで楽器拝見。低音が3本弦という大型クラヴィコードの迫力ある鳴りが素晴らしい!次は天井まで5m近い贅沢な空間の個人スタジオでのリハーサルに調律イラズの「賢いOr」で出動。こちらは昔はもう少し広い部屋だったはずがいつのまにか様々なヴィンテージオーディオが所狭しと積み上げられており(これも羨ましい!)大分床面積縮小しておりビックリ。今日は御年配の方も多くリハの前後に蓄音器や本邦古楽創世記の御話などで大盛り上がりで楽しいひと時でありました。

2014年4月 2日 (水)

桜トンネル

22日、朝神戸でチェンバロ3台積込み一路東へ。消費税値上げ直後のせいか高速も車少ないような気が・・・。首都高も含めて渋滞無く順調に東京に到着。1台は早速新座のチェンバロ工房にお届け。多分「日本一製作台数の多い工房」相変わらずお忙しい様子。残る2台は東のスタジオ入り。またもやスタジオ満杯になり狭い!

4首都圏の桜は神戸より少し早いのか満開ですね。今だけの桜のトンネルの美しい事。

2014年4月 1日 (火)

またもや衝動買い・・・

894月1日。またもや突然の素晴らしいチェンバロとの出会いがあり衝動買いしてしまいました・・・。これでチェンバロは11台目、フレンチも4台目となった次第。もうこれで最後の買い物と言いながらいつまで続くこの買物癖・・・(汗)。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »