梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 大ホールでフォルテピアノ | トップページ | 訃報 チェンバロ製作家柴田雄康氏 »

2013年10月 7日 (月)

越後でフォルテピアノ公演

27日、越後の人気ホールでの公演は昼夜で違うフォルテピアノを弾き分けるという贅沢なプログラム(オマケに現代ピアノまで舞台に登場)。昼公演などは800人近いお客様に来場頂き恒例の終演後の舞台上での楽器解説(こちらは私が担当)も大賑わいで嬉しい限り。越後でのフォルテピアノへの関心の高さを実感でした。しかし2000席近い大ホールなのに隅々まで古楽器の繊細な音が届いているようで(どうも後ろの席の方が良い様子)その音響の良さに脱帽でした。

42今回宿泊したホテル、実は約70年前に日本で初めてクラヴィコード独演会を開催したのでは?という古楽器関係者にとっては由緒ある所でした。詳しいお話はまた機会を改めて。




« 大ホールでフォルテピアノ | トップページ | 訃報 チェンバロ製作家柴田雄康氏 »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/53525879

この記事へのトラックバック一覧です: 越後でフォルテピアノ公演:

« 大ホールでフォルテピアノ | トップページ | 訃報 チェンバロ製作家柴田雄康氏 »