« 十九世紀ピアノと格闘中 | トップページ | やっと秋? »

2013年10月 3日 (木)

北九州のフォルテピアノ工房

33日、昨夜から1000kmもの長距離ドライブを経て久々に帰京。いやはやここ数日北九州のフォルテピアノ工房で19世紀オリジナルピアノを存分に触る事が出来大満足でありました。ショパン時代のPleyel2台(1844年&1851年)を弾き比べるなんて贅沢な事も出来ましたし・・・(たった7年違いながらキャラクターの違いにはビックリでした)。詳しくは日本クラヴィア協会HPに訪問記をアップしておりますのでご覧ください!

« 十九世紀ピアノと格闘中 | トップページ | やっと秋? »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北九州のフォルテピアノ工房:

« 十九世紀ピアノと格闘中 | トップページ | やっと秋? »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ