梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 本邦クラヴィコード界の創世記 | トップページ | 2台クラヴィコード »

2013年9月24日 (火)

オルガン原理主義?

3424日、何故かWeb上でお隣の国のパイプオルガン事情が話題になっておりますね。これだけ沢山「電子なんてトンデモナイ!やはりオルガンは生でないと」という原理主義(?)の音楽ファンがいたとは知りませんでした(笑)。もっと現場で声高らかに言ってもらいたいもんです・・・(しかしそういう私もコッソリ電子使っておりますが)。海外の演奏家から「1/6の調律と言えばこちらでは1/6SCのミーントーンを指す事が多いんだが日本では違うのかい?」との問い合わせ有り。「日本では1/6の調律と言えばVallotteですよ」と申し上げればちょっと驚かれていた様子。確かに海外の演奏家からVallotteを指定される事は少ないですね。皆さんプログラムに合わせて変えてます(結構知らない調律法を言われて苦労しますが・・)。10月の公演で何回かは1/6ミーントーンで調律する事になりました。ミーントーン系ながらバロック後期の曲にも相性良い美しい響きですよ。

« 本邦クラヴィコード界の創世記 | トップページ | 2台クラヴィコード »

パイプオルガン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/53374602

この記事へのトラックバック一覧です: オルガン原理主義?:

« 本邦クラヴィコード界の創世記 | トップページ | 2台クラヴィコード »