« 来年の古楽コンクール | トップページ | BachからMozartへ »

2013年7月 4日 (木)

フォルテピアノ公演目白押し

34日、今日もリハーサル掛け持ちの1日。いよいよ明日開催となった小金井でのレクチャーコンサート、バッハが弾いたモデルとして名高い「ミートケ」のチェンバロとモーツァルト時代の「シュタイン」(ルイ・デュルケン)モデルのフォルテピアノの2台を並べて演奏するという贅沢な楽器のラインナップ、是非お聴き逃しなく! その次には7月25日近江楽堂での小倉貴久子さんの「モーツァルトのクラヴィーアのある部屋」企画に1820年製のオリジナルフォルテピアノで参加の予定。第9回となる今回はクラシカルフルートとの共演でフンメル+モーツァルトプログラム、こちらも乞うご期待!

« 来年の古楽コンクール | トップページ | BachからMozartへ »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォルテピアノ公演目白押し:

« 来年の古楽コンクール | トップページ | BachからMozartへ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ