梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 絶景富士 | トップページ | Gyoza! »

2013年3月17日 (日)

clavicymbalum

917日、ドッグ入りしていたclavicymbalumの調整が終わり晴れてオーナーに楽器を引き渡し。最古のチェンバロ(15世紀!)を復元したというこの楽器、たった3オクターブのシンプルな構造ながら予想以上の表現力を持つ興味深い楽器でありました。欧州ではもうこの楽器のスペシャリストが活躍しているそうでこの映像を拝見すると迫力の演奏に圧倒されてしまいます(脚に楽器をのせて弾くのが面白い・・・、早速真似て私も弾いてみましたが結構難しいのですよ。脚が短いせいなのか?)。日本でもこの「clavicymbalum」はチェンバロ(鍵盤楽器全般かも?)の歴史を探訪する企画では重要なポジションを務める存在として今後活躍する事でしょう。鍵盤楽器の歴史に興味ある方には是非一度触れてもらいたい楽器であります。

Photo

« 絶景富士 | トップページ | Gyoza! »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/50810786

この記事へのトラックバック一覧です: clavicymbalum:

« 絶景富士 | トップページ | Gyoza! »