« 巨大なラッパ? | トップページ | 欧州仕様 »

2013年1月19日 (土)

オリジナルピアノで冬の旅

2219日、同時代の作品の中ではシューベルトが一番合うのではと思っていた193歳のオリジナルピアノ(Johann Georg Gröber (Insbruck 1820))、ついに念願の「冬の旅」の伴奏でハマの舞台に登場。骨太ながら艶っぽいバスの声を包み込むように支えるウィーン式特有の軽くも伸びのある音色とシャープなタッチと5本ペダルを駆使し多彩な変化を紡ぎ出した演奏が相まって極上のシューベルトを堪能。

« 巨大なラッパ? | トップページ | 欧州仕様 »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリジナルピアノで冬の旅:

« 巨大なラッパ? | トップページ | 欧州仕様 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ