梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 古洋琴探訪 | トップページ | 楽器選び »

2013年1月23日 (水)

古洋琴漬けの効能

8923日、久々に現代ピアノの調律に出動。今日お相手の古い幡岩ピアノは年月が経てども木の香りがする音色が未だに魅力的、こんな現代ピアノなら触っていても楽しいのですがね。スタジオに戻り十八世紀末モデルのフォルテピアノ二台の御機嫌伺い。この一週間の古洋琴漬けのお陰で音のイメージが自分の中で明確になったのかフォルテピアノの状態チェックが早くなったような気が・・・。今日お伺いしたお客様よりご近所の音大の楽器博物館が建替えのため閉鎖しましたと伺いそれなら閉まる前に見ておけば良かったのにと後悔・・・。数年後には内容充実して再オープンとの事で楽しみではありますが。

« 古洋琴探訪 | トップページ | 楽器選び »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/48909136

この記事へのトラックバック一覧です: 古洋琴漬けの効能:

« 古洋琴探訪 | トップページ | 楽器選び »