« 晴れ男完敗 | トップページ | 浪速の名建築 »

2012年11月12日 (月)

伊達男千秋楽

112日、久々に東のスタジオに帰還し早速今週末からの「ゴールドベルグ変奏曲ツァー」のためジャーマンチェンバロを反対氏仕様に調整。繊細なタッチが好みなのは先日のHaas氏と同じながら全く違う攻め方で調整するのが面白い・・・(片や上から片や下から攻めてましたね)。しかし反対氏仕様の浅い鍵盤は他の奏者には弾き難いゾ。

3今日は都心の某ホールで伊国伊達男ツァー千秋楽。艶やかで伸びのある独特のヴァイオリンの音色はもう彼にしか出せない魔術でしたね。個人的にも至福のモーツァルト&ベートーヴェンツァーでした。明日からはブレイクダンス公演にチェンバロで参加の予定。いったいどんな公演になるのやら・・・。

« 晴れ男完敗 | トップページ | 浪速の名建築 »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊達男千秋楽:

« 晴れ男完敗 | トップページ | 浪速の名建築 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ