« 吹雪 | トップページ | 16fチェンバロ拝見 »

2012年3月14日 (水)

192歳再び洋館に登場

1014日、192歳の老ピアノが再び御近所の洋館に登場。東日本大震災復興支援コンサート(震災1年後もまだまだ継続中!)今回は丹野めぐみフォルテピアノリサイタル。1820年製のウィーン式ピアノを使いながらプログラムはフォーレ、チャイコフスキー、クララシューマンとまずは意表を突く前半に続き後半は正に楽器と同時代のベートーヴェンPfソナタ(変イ長調)。先日の独「鍵盤の達人」女史に引けを取らない多彩な鍵盤コントロールとペダル技が素晴らしく、またフォルテピアノならではの宝石のようなピアニッシモの音色を至近距離で存分に堪能。やはりこの会場はフォルテピアノとの相性が抜群でどんな繊細な音も後ろまで明確に聴こえてくれるのがありがたい!

« 吹雪 | トップページ | 16fチェンバロ拝見 »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 192歳再び洋館に登場:

« 吹雪 | トップページ | 16fチェンバロ拝見 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ