« 本邦チェンバロ史調査 | トップページ | 21世紀型演奏スタイル »

2012年1月25日 (水)

寒中のオルガン仕事

325日、ナニワの老舗ホールでの「独逸鎮魂曲」本番にオルガンで出動。一晩車中泊で冷え切ったオルガンがリハまでに暖まるか心配するも、太っ腹の主催者が夜本番ながら朝から会場を押さえてくれたお陰で充分時間を掛けて暖める事が出来ました。ホール隣の解体中の某有名ホテル跡、もう更地になっているかと思いきやまだ殆んど残っていましたが結構時間掛かるもんですね。

« 本邦チェンバロ史調査 | トップページ | 21世紀型演奏スタイル »

パイプオルガン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒中のオルガン仕事:

« 本邦チェンバロ史調査 | トップページ | 21世紀型演奏スタイル »