梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« まだ正月休み? | トップページ | 越前蕎麦 »

2012年1月 6日 (金)

前世紀の16fチェンバロ

26日、今日は独逸製2台とベルギー製の計3台のチェンバロがお相手の1日。1台は16フィート付20世紀中期タイプ(俗にモダンチェンバロと呼ばれている奴です)、このタイプのメカニックは何度見ても呆れるやら感心するやら複雑怪奇・・・(多重構造はやはり凄い!)。暖房があまり効かない部屋で調律していると、ヒストリカルモデルと違って堅牢なはずのモダンチェンバロが意外にも寒さに少々弱い事にビックリ(金属のジャックは結構厄介な様子) しかし近代における古楽復興運動の中で何故16fレジスターがチェンバロに常備されることになったのか不思議なのですが(現存するオリジナルチェンバロの中で16f付きチェンバロはほんの数台なはずなのですが・・・)、まだちゃんと理由を述べた解説を見た事が無い!20世紀古楽復興運動の検証作業がさらに進む事を期待しております。

« まだ正月休み? | トップページ | 越前蕎麦 »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/43646551

この記事へのトラックバック一覧です: 前世紀の16fチェンバロ:

« まだ正月休み? | トップページ | 越前蕎麦 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ