梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« バブルの賜物 | トップページ | バブル後でも贅沢 »

2011年10月 9日 (日)

県境またぎの1日

29日、今日はダブルヘッダー。まずは湖畔の某有名ホールでの前日リハにイタリアンとハープを搬入。会場は何やら映像など様々な演出が用意されている様子。リハ立ち会いが出来ず調律をしてすぐ次の会場へ。少々距離の離れた2カ所の掛け持ちとなり今日だけで県境を6つもまたぐ羽目に・・・。

11続いて高山右近ゆかりの教会でのコンサートにポジティフオルガンで出動。日本では珍しいドーム式の高い天井の豊かな音響が素晴らしい!空き時間に近くを散策するとすぐ隣にある市民会館でもチェンバロの公演があったようでお仲間に偶然遭遇しビックリ。

5今日の公演は我がオルガンの他に演奏家のチェンバロ持ち込みとの事で珍しく他の業者の運送や調律を間近で拝見(エラク作法が違うモンです) タイトなスケジュールの中で2人の調律師で時間を分けうも、外は汗ばむ陽気ながら石造りの建物内は涼しく乾燥気味、しかし本番では満員のお客様で一気に蒸し暑くなり・・・と環境変化が全く読めず一苦労(結局湿気と熱気が相殺され心配する程変化せず) 

« バブルの賜物 | トップページ | バブル後でも贅沢 »

パイプオルガン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/42403718

この記事へのトラックバック一覧です: 県境またぎの1日:

« バブルの賜物 | トップページ | バブル後でも贅沢 »