梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« CD屋は苦難の時代か | トップページ | またもCD屋受難の知らせが »

2011年8月 8日 (月)

190歳まもなく登場

28日、長い眠りから覚めいよいよ出番(9月3日明日館でのコンサート)が迫ってきた1820年製6オクターブのフォルテピアノ(Johann Georg Grober)の調整の1日。190年もの様々な遍歴を経て生まれ故郷から遠き極東の地に辿り着いた楽器との対話は、楽しいながらもいつまでも出口が見つからない迷路のよう。初登場のコンサート是非ご期待ください(コンサート前後にお客様の試奏タイム有り)

« CD屋は苦難の時代か | トップページ | またもCD屋受難の知らせが »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/41133649

この記事へのトラックバック一覧です: 190歳まもなく登場:

« CD屋は苦難の時代か | トップページ | またもCD屋受難の知らせが »