梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 迷録音 | トップページ | ドル安 »

2011年8月19日 (金)

現代チェンバロ界の恩人?

Photo19日、本邦チェンバロ界の中では、「実はチェンバロを始めたきっかけはレオンハルトでは無くグールドのバッハ作品(特にゴールドベルグ変奏曲)を聴いたため」という方が意外に多いのでは?私自身も子供時代にTV番組で見た彼の奇妙な演奏風景から虜になり、一連のバロック作品のレコード(ギボンズなんて彼の演奏で初めて知ったのですが・・・)や衝撃のゴールドベルグ変奏曲再録音(発売当時神戸では平島先生がこの演奏がヴェルクマイスターⅢの調律を使用のはずと力説されておられたのが懐かしいですが)を経て82年の突然の悲報まで彼は「同時代の貴重なヒーロー」であったのですが、そのグールドと彼がこだわり抜いたピアノとの格闘の歴史にスポットをあてた興味深い本が出版されたので早速入手。果てし無き楽器への執着、愛用器との離別の悲劇、有名な裁判事件の真相、最後に使った日本製ピアノとの出会いなど、今まで断片的にしか伝わっていなかった数々の伝説が詳しく紹介されており楽器技術者としても大興奮の一冊。ところで以前から疑問に思っているのですが・・・。グールド以前に他のピアノ演奏での「ゴールドベルグ変奏曲」が日本で知られていたのでしょうかね?もしかしてランドフスカのチェンバロ演奏のみ? (この曲は日本でも昭和初期にはもうバッハの究極の名曲として神格化されているので驚くのですが)

« 迷録音 | トップページ | ドル安 »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、私がゴールドベルク変奏曲を最初に聴いたのは学生時代、CBSソニーのアンソニー・ニューマン日本デビュー盤でした。それにはボーナス盤が付いていて、ペダルチェンバロによるパッサカリアが入っていました。
あるネットには、ランドフスカが1934年にHMVに世界初録音、その後1945年にRCAに再録音したとあり、1942年にクラウディオ・アラウがRCAにピアノで入れたが、ランドフスカが再録音したので、お蔵入りになったと書いてあります。これが出ていたらピアノの初録音となりますね。SP盤を蓄音器で聴く限り、ランドフスカ型チェンバロの音はまずまずですね。旧録音の方がいいみたいです。
グールドの新・旧盤は私の大好きな盤です。旧盤は米CBSの6つ目(unbreakableが右に印刷してあるもの)が最も音がいいとされています。でもカナダの青コロンビア盤もさほど悪くありません。グールドのレコードは大体揃えましたが、ステレオになってからもモノラルが出ていて、平均律などはモノラルの方が力強かったりします。再録音の方もCD、LPの他LDも出ていましたが、最近、ソニーマスターサウンドのLPを手に入れました。これが一番音がいいようです。

こんにちは、そのアラウの1942年のゴールドベルクの音源がyoutubeにアップされています。当時はSP原盤でしょうが、どうやって復元したのか、全曲あります。最後のアリア以外は全部繰り返ししていて、演奏時間は78分です。聴いた感想は、楽譜に忠実で、なかなか健闘しています。しかし、少し力み過ぎたのか、右手の強いアタックが気になりました。聴きどころの第25変奏は大変立派です。皆さんはどう思われますか?以下にWWWを載せます。
http://www.youtube.com/watch?v=219PNAuPtMU&feature=related (1/8:Aria1-4)
http://www.youtube.com/watch?v=AJABqr49WeM&NR=1 (2/8:5-10)
http://www.youtube.com/watch?v=c3VKuvyq2fE&feature=related (3/8:11-13)
http://www.youtube.com/watch?v=xKeFbKvpR8A&feature=related (4/8:14-16)
http://www.youtube.com/watch?v=wAIcNqV-rMM&feature=related (5/8:17-22)
http://www.youtube.com/watch?v=Y3BNeYl4tvw&feature=related (6/8:23-24)
http://www.youtube.com/watch?v=aVHqcl9Ot2Y&NR=1 (7/8:25-26)
http://www.youtube.com/watch?v=olzWq1lf7k8&NR=1 (8/8:27-30Aria)
それから梅岡さん、グールドが弾いたチェンバロについての記述があれば紹介して下さい。

たびたび済みません~ランドフスカの1933年の録音も何種類かyoutubeにアップされています。中でもTheGravicembalo2氏のものが響きまで良く入っています。HMV盤を蓄音機で聴くよりもいいかもしれません。チェンバロ党だからではありませんが、アラウのピアノよりこっちの方がマシですね。しかし、第5、7、18変奏のプチレピートと、曲の終わりにリタルダンドは止めてほしいです。ランドフスカ型チェンバロは少ない弦で弾くとマシですが、16'が鳴るととたんデモーニッシュな楽器に変身しますな。モダンチェンバロの最大の欠点は響きが汚いことです。残響音が汚い。WWWは、
http://www.youtube.com/watch?v=q4SgBFyeUdQ&feature=related (1/6:Aria1-5)
http://www.youtube.com/watch?v=eGU8kf2UIU0&feature=related (2/6:6-10)
http://www.youtube.com/watch?v=QTKPGCt0QXE&feature=related (3/4:11-15)
http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=b3JqMHZz2vc&feature=fvwp (4/6:16-20)
http://www.youtube.com/watch?v=a-avKbC1H3k&feature=related (5/6:21-24)
http://www.youtube.com/watch?v=lfeRjtq1Imc&feature=related (6/6:25-30Aria)
ついでに、私の最も好きなチェンバリストのピエール・アンタイ氏がオリジナル楽器(ルッカースのプチラバルマン?)で弾くゴールドベルクの自然な振る舞いを見て下さい。まさしくバッハ演奏の終着点ですな。東京公演を聴きましたが、素晴らしかったです!おまけにインヴェンションの数曲を弾いてくれました。WWWは、
http://www.youtube.com/watch?v=ZLI8oh8wY6A&feature=related (1/5:Aria1-8)
http://www.youtube.com/watch?v=yEVkzyEwh0g&feature=related (2/5:9-14)
http://www.youtube.com/watch?v=bvvHtO8QztM&feature=related (3/5:15-21)
http://www.youtube.com/watch?v=0sI7CVOJ3Pg&feature=related (4/5:22-27)
http://www.youtube.com/watch?v=CN_i63riPpw&feature=related (5/5:28-30Aria)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/41272609

この記事へのトラックバック一覧です: 現代チェンバロ界の恩人?:

« 迷録音 | トップページ | ドル安 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ