梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 短足台 | トップページ | チェンバロの越夏対策 »

2011年8月23日 (火)

目覚める190歳

123日、まもなく初舞台という1820年生まれの6オクターブフォルテピアノ(Johann Georg Grober)、 現在出番前の最終チェック進行中。調整するごとに楽器が長い眠りから徐々に目覚めて来るのが判るだけに作業としてはとても厄介ながら非常に楽しい一時。今日は鍵盤を外して内部の僅かな隙間から響板の裏を覗いて健康診断。(ファイバースコープが欲しい!) 190歳のご老体ながら生気を取り戻したボディからは極上の芳醇な音色を醸し出してくれそうです。今度の公演、重要文化財の洋館での演奏も楽しみながら、オリジナルフォルテピアノをお客様自身が実際に弾ける貴重な機会でもあります。乞うご期待!

 東日本大震災復興支援コンサート with 明日館

  「フォルテピアノを聴く!見る!触る!」

第3回フォルテピアノコンサート (出演 筒井一貴)

    & お客様によるフォルテピアノ試奏

   2011年9月 3日(土)16時開演  

   場所    : 自由学園明日館 講堂

   曲目    : シューベルト、フムメル、ヴィタセックなどの予定

   使用楽器 : Johann Georg Grober (Insbruck 1820) オリジナルのフォルテピアノ

             6オクターブ(FF-f4) 5本ペダル ウィーン式アクション

    お客様の試奏タイムは 14時~15時 と 17時~17時半

   料金  2500円(当日清算 試奏の方は別途カンパをお願いいたします)

   申し込み  bergheil69@me.com  (筒井)    

       詳しくは専用HPをご覧ください。   

   ★ 8月30日(火)17~20時半 同じく明日館講堂(銀杏の間)で

      オリジナルフォルテピアノの本格デビュー前に試弾会を

      予約制で開催します。(要カンパ)

       詳しくは umeoka-gakki@nifty.com (梅岡) まで

 

« 短足台 | トップページ | チェンバロの越夏対策 »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/41327282

この記事へのトラックバック一覧です: 目覚める190歳:

« 短足台 | トップページ | チェンバロの越夏対策 »