梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« モーツァルトと演歌 | トップページ | 三河尾張散策 »

2011年7月28日 (木)

西でモツレク本番

128日、16年前の阪神大震災で倒壊・建替えとなった神戸の大ホールでのモツレク公演にオルガンで出動。ここは18年前のLa Petite Bande日本初公演(ハイドンの天地創造でした)をお手伝いした思い出深い舞台(しかしその時のギャラは踏み倒されたままという苦い思い出が・・・)。モツレクと言えば業界では「オルガンは間違えないと聴こえない」と言われるほどオケと合唱の分厚い音にオルガンが掻き消されてしまう曲として有名、今回はさらに200人の大合唱団とフル編成のオケ、2000席の大ホールという難題が加わり全く聴こえないのでは?と久々にオルガンの音量増加用の秘密兵器を投入。(何とかオルガン聴こえた様子) 

« モーツァルトと演歌 | トップページ | 三河尾張散策 »

パイプオルガン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/40995874

この記事へのトラックバック一覧です: 西でモツレク本番:

« モーツァルトと演歌 | トップページ | 三河尾張散策 »