梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« また火山騒動? | トップページ | 老調律師再び東京上陸 »

2011年5月25日 (水)

中を開けると

325日、海外のチェンバロには外部に製作家の名前を全く書かず楽器内部にこっそりサインをしている場合がままありますね。仏国のAnselm氏の初期フレンチは鍵盤の横に隠しサインあり。サインに製作家の人柄が出てますね。

5独国のSkowroneck氏のチビイタリアンは鍵盤上のボードの奥に走り書きのようなサイン。 製作時と共に2回の大修理の作業内容も記入しているのが興味深いです。(後世にその変遷を伝えたかったのかも) 

« また火山騒動? | トップページ | 老調律師再び東京上陸 »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/40128404

この記事へのトラックバック一覧です: 中を開けると:

« また火山騒動? | トップページ | 老調律師再び東京上陸 »