梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 中を開けると | トップページ | マエストロの残り香 »

2011年5月26日 (木)

老調律師再び東京上陸

126日、83歳の老マエストロの久々の東京リサイタル(2台チェンバロ使用)に出動。今回老マエストロお気に入りのメーカーの兄弟イタリアン2台から使用楽器を選んでもらおうと合計3台ものチェンバロを会場に用意。事前の予想では最近絶好調のチビ兄が有利では?と予想するも、直前にあった兄弟楽器の競演の頃から「御大に弾かれるは何度も御一緒した私だ!」とデカ弟が奮起し豪快な鳴りっぷりに変身。今日も舞台で弾き比べると両者好調ながら体格差(?)でデカ弟が老マエストロのお目に適った様子。(チビ兄も良い楽器だよと言ってくれましたが) 結局前半デカイタリアン、後半初期フレンチといういつもの組み合わせになった次第。老マエストロの楽器を鳴らすテクニックは相変わらず神技、自分の楽器ながらその音色の変化には驚嘆するのみ。

59今回も演奏家とそっくりな老調律師(笑)が2台のチェンバロを調律。 少し痩せられたものの相変わらずお元気な様子。恒例の休憩中の調律手直しは今日は「しなくても大丈夫」と最初おっしゃるも「やっぱり少し見ておこうか」と言われ、「騒がれるのがイヤなので君も一緒に出てくれないか」との事でカモフラージュ役で私も急遽舞台に登場する羽目に・・・。

« 中を開けると | トップページ | マエストロの残り香 »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/40148030

この記事へのトラックバック一覧です: 老調律師再び東京上陸:

« 中を開けると | トップページ | マエストロの残り香 »