« 秘伝の万能薬 | トップページ | 台車デビュー »

2011年5月18日 (水)

饂飩行脚

8118日、今日は中央線沿線に出動。まずは年月経つ小型グランドの御機嫌伺い。小さなボディから張りのある声量と色彩感豊かな音色を醸し出すこのピアノ、やはり「Bangan」ブランドは日本のピアノ作りの最高峰だったと改めて実感。 最近凝っている饂飩行脚、今日は杉並の評判店を訪問。値段は高めながら(ざる600円)量も多く味も良し、何よりもカウンター内のベテランの御主人の麺と揚げ物の厨房パフォーマンスが素晴らしく「これなら安い!」と思わせる迫力あり。(真剣勝負!という御主人の真ん前に座ったため写真撮れず・・・) たかが(?)饂飩でそれなりのお値段を頂くための努力はもしかすると蕎麦屋以上なのかも?

« 秘伝の万能薬 | トップページ | 台車デビュー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 饂飩行脚:

« 秘伝の万能薬 | トップページ | 台車デビュー »