梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

水分補給

431日、今日は流れる水に囲まれた石の床の舞台という不思議な空間での歌とチェンバロの共演にフレンチで出動。水分補給が万全の環境は乾燥激しい冬なら大歓迎だったのですが・・・。

2011年5月30日 (月)

昭和一六年のチェンバロ事情

330日、歌のコンサートにフレンチで出動。会場入り前に久々に神保町に寄り道し御馴染みのK書店で音楽資料漁り。日本のチェンバロ導入史の調査のために戦前の音楽雑誌などを立ち読みするも中々目指す記事が見つからず苦慮していると「国会図書館に行って調べた方が早いですよ」と店の御主人のありがたいアドヴァイスを頂戴するも(それでは商売にならないのでは・・・)「やっぱり手元に欲しいんですよ」と言いながら興味深い資料(結構高額でしたが・・・)を購入。まあこのお店は並みの図書館以上に資料が揃っているので「ここで無けりゃ国会図書館へ」と言うお言葉はある意味凄い自信なのかも?

2今日の収穫はレコード音楽雑誌「ディスク」(もうDisquesではなく日本語表記になってますね)の昭和16年3月号。巻頭特集がバッハの無伴奏チェロ組曲(カザルス)の紹介。次に皇紀二千六百年奉祝樂曲レコード(シュトラウスやイベールなど世界各国の著名作曲家に記念作品を依頼したもの)の紹介。

1チェンバロ関係の記事としてはあらえびす氏のエッセイ「一枚から一千枚まで」。クラヴサンの紹介文の冒頭で「クラヴサン(ハープシコード)という楽器は。日本に一、二台しか無く、私もまだその實物を見たことも無いが、どういふものか、その夢見るやうな音色が、日本人の好みにピタリとするらしく、日本のレコード愛好家には。クラヴサンのレコードを集める人が甚だ少なくない・・・」という部分が興味深い。昭和一六年にもう日本に二台(?)のチェンバロがあったようながら(東京の大倉男爵と黒澤氏の楽器、もしくは神戸のスイス人の楽器のどれかか?)、あらえびす氏ほどのバロック好きな愛好家が生音を聴いた事が無いとなるとまだ東京の演奏会では登場していなかったのでは?と推測する次第。しかしこの表記でエタ・ハーリッヒ= シュナイダーの持ち込んだチェンバロ(昭和一六年五月頃日本に到着)が本邦初では無いと言えそうですね。他にも「音樂史的鑑賞」という記事では伊太利器楽音楽の紹介としてフレスコバルディの特集。(渋い!) 今回はこの雑誌の他に昭和一二年の音樂年鑑も入手。当時の演奏家や公演会場、音大等音楽界の綿密な紹介などどのページも興味深いものばかり。(洋琴界の大御所井口氏がウチの近くにお住まいだったとはビックリ)

2011年5月29日 (日)

台風接近

129日、歌のリサイタルにフレンチで出動。台風接近の豪雨の中まずはチェンバロを濡れずに搬入出来てホッ。タイトなスケジュールになった上に(演奏家が時間を勘違いしてリハ時行方不明になるハプニングあり)満杯のお客様の熱気と湿気で調律苦戦するかと身構えるも湿度温度の悪条件が相殺されたようで殆んど手直し無し、雨季を控えて幸先良いお仕事となった次第。

2011年5月28日 (土)

爺様の興味あるモノ

Photo28日、先日御一緒した83歳の爺様との楽器談義(雑談?)での興味深いお言葉が「Claviorganoが面白いんだよ」。確か8年前のCD録音で使われていましたが今だに御熱心だとは知らなんだ・・・。ポジティフオルガンの上にチェンバロを乗せての2段鍵盤は私も良く(たまに?)やりますが2台が連結している楽器はまだ日本には無いのでは・・・。いつかは生演奏を聴いてみたいもんです。

2011年5月27日 (金)

マエストロの残り香

427日、昨夜のリサイタルに登板したチェンバロが帰還したので恒例の「マエストロの残り香」のチェック。名人の手に掛かると数時間弾いただけで楽器の鳴りがこれほど変わるのかと改めて感心。私自身昨日より心地よい音色を存分に聴いたお陰かさるお宅のチェンバロの調整に伺うもいつもより大胆に魅力的な音色を作り出す事が出来たような気が・・・。

2011年5月26日 (木)

老調律師再び東京上陸

126日、83歳の老マエストロの久々の東京リサイタル(2台チェンバロ使用)に出動。今回老マエストロお気に入りのメーカーの兄弟イタリアン2台から使用楽器を選んでもらおうと合計3台ものチェンバロを会場に用意。事前の予想では最近絶好調のチビ兄が有利では?と予想するも、直前にあった兄弟楽器の競演の頃から「御大に弾かれるは何度も御一緒した私だ!」とデカ弟が奮起し豪快な鳴りっぷりに変身。今日も舞台で弾き比べると両者好調ながら体格差(?)でデカ弟が老マエストロのお目に適った様子。(チビ兄も良い楽器だよと言ってくれましたが) 結局前半デカイタリアン、後半初期フレンチといういつもの組み合わせになった次第。老マエストロの楽器を鳴らすテクニックは相変わらず神技、自分の楽器ながらその音色の変化には驚嘆するのみ。

59今回も演奏家とそっくりな老調律師(笑)が2台のチェンバロを調律。 少し痩せられたものの相変わらずお元気な様子。恒例の休憩中の調律手直しは今日は「しなくても大丈夫」と最初おっしゃるも「やっぱり少し見ておこうか」と言われ、「騒がれるのがイヤなので君も一緒に出てくれないか」との事でカモフラージュ役で私も急遽舞台に登場する羽目に・・・。

2011年5月25日 (水)

中を開けると

325日、海外のチェンバロには外部に製作家の名前を全く書かず楽器内部にこっそりサインをしている場合がままありますね。仏国のAnselm氏の初期フレンチは鍵盤の横に隠しサインあり。サインに製作家の人柄が出てますね。

5独国のSkowroneck氏のチビイタリアンは鍵盤上のボードの奥に走り書きのようなサイン。 製作時と共に2回の大修理の作業内容も記入しているのが興味深いです。(後世にその変遷を伝えたかったのかも) 

2011年5月24日 (火)

また火山騒動?

Photo24日、 まもなく出陣の楽器2台の御機嫌伺い。(出番の無いチビ楽器が出ているのは何故?) 公演で御一緒する蘭国の83歳のベテラン調律師にまたお会い出来るのが楽しみ。しかしまたアイスランドの火山噴火のニュースにちょっとドッキリ(去年春の大騒動を思い出しましたよ) 幸い老調律師無事日本に到着されたとの事。

2011年5月23日 (月)

ブルージュの覇者2人と

4 23日、早朝東京に戻ると寒さに仰天。午前中に遠来の友がスタジオ来訪。考えてみれば地震後古楽系の来日外人演奏家と会うのは初めてかも・・・。「楽器が増えてるね!」と3台のフォルテピアノで色々な曲を試し弾き。さて彼は次の来日でどの楽器を使ってくれるのか楽しみ。

12午後から新宿の某管楽器専門店のホールでの公演にジャーマンで出動。ここは100席の小さなサロンながら中々活発な活動をされている様子で新宿駅すぐというのは魅力かも。管楽器のお店にはオーボエの掃除用の鳥の羽根が販売されていると伺い早速拝見するも小さな七面鳥の羽根は残念ながら弱過ぎてチェンバロのツメ用には使用は無理でした。(安価で大量に販売しているのでチェンバロ用に使えれば大人気だったかも?) 今日お会いした二人の鍵盤奏者、そう言えば両者ともブルージュのフォルテピアノコンクールの覇者でしたね。(1995年&2001年) 何とも贅沢な1日。

2011年5月22日 (日)

フレンチを持って・・・

122日、アンサンブルと歌のリサイタルの伴奏の2公演にフレンチ2台を提供。(久々に分身の術でした) 今日は食堂のオバサマが皆「Oh!Kiny!」とどんな時にも元気に叫ぶエリア、夜は立ち呑み屋に変身というのれんの奥のカウンターで(夜に来たかった)ドンブリ鉢に入ったカレーと掛け蕎麦でランチ。やっぱりこっちは活気があってエエモンヤナア・・・。

2011年5月21日 (土)

良く狂うんですね

1321日、祐天寺の教会でのリコーダーリサイタルにイタリアン2台で出動。演奏家が曲に合わせて調律法を変えたいとの事で2台出動となったものの(お陰で久々の兄弟楽器競演を堪能出来ましたが)、曲間にも黒鍵の調律替えが2回もありお客様にとっては「やたら調律手直しばかりしている調律師」に見えた様子で終演後に「チェンバロって良く狂うんですね」と言われちょっと困惑。いや違うんですけど・・・。今回の教会にある我が国が誇るTオルガンの銘器を久々に拝見、先日の地震にも大丈夫だったようで一安心。

2011年5月20日 (金)

満杯

Photo20日、ついにスタジオも冷房開始。これから本格的な暑さと湿気との戦いが9月まで続く事に・・・。相変わらず出番の楽器が日替わり状態で気がつけばスタジオ内に楽器が9台も勢揃い(さすがに新記録かも?)。久々にウチの大黒柱のチェンバロ2台が顔合わせ、昔は売れっ子2台を仕舞い込む事などありえなかったのに最近は新入り楽器の登板も増えてきておりベテラン勢も昔ほど酷使される事無く御機嫌は上々。

2011年5月19日 (木)

台車デビュー

1 19日、ハマの北端の新しい駅前ホールでのフォルテピアノのレクチャーコンサートにワルターとルイ・デュルケンの2台を持って出動。100席と小ぶりで残響豊か(それに安い!)という古楽器向きの空間なので今後録音やコンサートで使えるのでは?と期待するももう予約結構詰まってますとの事。ほとんど評判になっていないと思っていてもも噂は広まっているようですね。

3今日は久々のフォルテピアノ2台の競演ながら実は6オクターブのフォルテピアノ運搬用に製作していた新型台車(ヨーロピアンスタイルとでも呼べるかも?)の初の実戦デビュー。予想以上の操作性を確認して無事初登板完了。後は6オクターブのオリジナルのデビューを待つばかりか。(いつになることやら・・・)

2011年5月18日 (水)

饂飩行脚

8118日、今日は中央線沿線に出動。まずは年月経つ小型グランドの御機嫌伺い。小さなボディから張りのある声量と色彩感豊かな音色を醸し出すこのピアノ、やはり「Bangan」ブランドは日本のピアノ作りの最高峰だったと改めて実感。 最近凝っている饂飩行脚、今日は杉並の評判店を訪問。値段は高めながら(ざる600円)量も多く味も良し、何よりもカウンター内のベテランの御主人の麺と揚げ物の厨房パフォーマンスが素晴らしく「これなら安い!」と思わせる迫力あり。(真剣勝負!という御主人の真ん前に座ったため写真撮れず・・・) たかが(?)饂飩でそれなりのお値段を頂くための努力はもしかすると蕎麦屋以上なのかも?

2011年5月17日 (火)

秘伝の万能薬

117日、出番を控えた仏壇フレンチを調整、デリケートな鳥の羽根の爪のヴォイシングに欠かせないのが自家製の秘伝(?)の薬品(鼻脂なのですが・・・)。 この秘伝薬、簡単に採取出来そうながら事前にコッテリ系の飯を食べたりと結構程良い濃さの脂が出るようにするのが難しい。しかし上出来の脂となると鳥の羽根どころかデルリンにも効くような万能薬になるので仕込みが肝心。ちなみに今日の昼は池袋で評判の小さな讃岐饂飩屋で天婦羅うどん。ここはかけが300円と讃岐並みに真っ当なお値段の上に麺やダシが絶品。

2011年5月16日 (月)

2台のフォルテピアノの聴き比べ

Photo16日、まもなく開催のフォルテピアノ公演のリハーサルのためルイ・デュルケンとワルターをスタジオで用意。この公演、時代が近いようで全くキャラクターの違う2台のフォルテピアノの音色が聴き比べ出来る貴重な機会となりそうです。また残響豊かな100席という古楽向きの会場にも是非ご注目を!品川駅から電車で18分という意外に便利な(失礼!)駅前のホールです。

1午後はチェンバロの運送で新座周辺に出動。練馬で気になる武蔵野饂飩のお店を初訪問。肉饂飩が名物との事で早速注文,山盛りの肉と麺に驚くも850円(大盛1100円)という値段にもビックリ。いくら美味くて量が多くてもたかが饂飩でそんな値段を取るとは・・・。讃岐なら半額以下でしょう(是非確かめなくては・・・) 

2011年5月15日 (日)

重量級

315日、朝からスタジオは千客万来(計4台もの楽器の試奏あり)。午後からは楽器運送で出動。独逸製の重量級のチェンバロ(何しろ重い!)をまずはマンションの3階降ろし。搬入時にはエレベーターに入ったと伺うもどうやら改装でEVのサイズが小さくなったようでどうしても楽器が入らず汗だくで階段降ろし。その楽器を今度は一軒家の階段上げ(勾配もきつく少々アクロバット的) 最後にそこにあった別の楽器の階段降ろし(こちらは軽くて助かりましたが・・・)。 肉体を駆使した楽器運搬業の1日。

2011年5月14日 (土)

やっぱり節電

1 14日、都心の大ホールでのVnリサイタルに白フレンチで出動。公共ホールなので「この時節柄出来るだけの節電御協力を!」とのお達しを受けて舞台上は照明暗く冷房無しという中でリハ前調律。リハは流石に本番と同じ条件ながらリハ終了後はまたもや節電モードに・・・。ウチは照明空調ドンドン変えてもOKとの無手勝流なのでヘッチャラですが「最初から最後まで絶対照明空調変えないで!」という正統派の調律師の皆さんしばらくは相当苦労されるのでは? 

2011年5月13日 (金)

そろそろ除湿機の出番

Photo13日。外は蒸し暑く半袖でも大丈夫なお天気。スタジオもやっとエアコン止めても終日温度が安定する1年で一番ありがたい季節(1年でもたった数週間しか続かないのですが)、しかし除湿機はこれからはフル回転。今年は5月初旬恒例の異常乾燥が何故か起こらずひとまず安心、次は雨季対策ですね。

2011年5月12日 (木)

大和撫子仕様?

23 12日、連日独逸生まれのチェンバロと格闘中。欧米の楽器の一部(実は結構多い?)は怪力の演奏家(向こうでは標準なのかも)に合わせたタッチで作られており、海を越えて来ると非力な大和撫子嬢でも弾けるように再調整が必要な事もしばしば。しかし楽器の基本設定を変えてしまうと全体のバランスを取るのが中々厄介。上手く鳴るツボを捕まえる事が出来ればシメタものなんですが・・・。

2011年5月11日 (水)

兄弟イタリアン

Photo11日、朝から雨の中外回り。久々に新座のK工房訪問するも相変わらず活気溢れるお仕事振りの御様子。スタジオに戻り52歳と30歳の独逸生まれの兄弟イタリアン2台を並べて御機嫌伺い。この兄弟、やはりイタリアンながらタイプが違うのでキャラクターの差は歴然(何しろ身長差80cmという凸凹コンビ)、しかしどちらからも音色の奥にSKOWRONECKの香りが醸し出されるのが何とも興味深いもんです。 2台の鳴き比べは5月21日のリコーダーリサイタルをお楽しみに。26日のこの公演(外人の来日キャンセルが続く中この御大は予定通り来るとか・・・。弟と初期フレンチの共演)にも登場予定。乞うご期待。

2011年5月10日 (火)

寝ぼけ気味

Cem_410日、某所で長い間箱入り娘状態だったというチェンバロの御機嫌伺い。ほとんど弾かれてなかっただけに中はまるで新品のよう、しかし鳴りっぷりが少々寝ぼけ気味・・・。1~2日弾きこめばきっと目が覚めるはず。起きてくれ~!

2011年5月 9日 (月)

独逸生まれの楽器

Photo9日、ここ数日1980年代独逸生まれのチェンバロを連続で御機嫌伺い。この時代のかの国の楽器は独特の図太さがあり安定感は抜群。ウチのデカイタリアンも久々に調律しようと開けてみると調律ピッチ共に全く変化せずすぐに舞台に出せる状態・・・、季節を跨いでも微動だにしないタフさに改めて感心。(どの楽器もこれほどタフなら管理は楽なのですが) そう言えば例年突然の異常乾燥発生で楽器トラブル多発のゴールデンウィーク、今年は天候不安定で湿度それ程下がらなかったようですね。除湿機もそろそろ通常運転の季節到来か。

2011年5月 8日 (日)

ワンタンメンとオープンリール

1 8日、荻窪の初参上のホールでの合唱団の公演にポジティフオルガンで出動。残響豊かで古楽器向きの空間ながらモダン楽器には少々響き過ぎるかも(お客様満杯なら適度な残響になるそうですが) 会場周辺は有名なラーメン激戦区、早速人気のお店に飛び込むも名物は「東京風支那そば味ワンタンメン」、コッテリ系が全盛のご時世では懐かしい味は贅沢かも・・・。

5今日の公演の録音の方はアナログ大好き派らしく「ツートラサンパチ」のオープンリールを使用、他にもカセット・CDーR、DATと多彩な機材も併用するという凝り様。演奏中の10号リールテープの早掛け替えなんていう妙技を久々に拝見出来ました。

2011年5月 7日 (土)

まずは足元から・・・

Photo 7日、しばらく熱中している日本古楽史研究、いつもは楽器に隠れているスタジオの本棚を楽器が留守の合間にチェックすると次々と貴重な資料が出現。20年位前にも音楽古書収集に凝った時期があり、その時入手した大量の本の存在をすっかり忘れてました・・・。神保町や図書館を巡る前にまずは自分の蔵書を調べるべきか。我が脳内のメモリーは容量少なく常時パンク寸前、まして検索機能がほとんど作動せず困ったモンです。昭和49年刊の楽器業界紹介本には日本チェンバロ製作界の開祖たる百瀬氏のインタビューなど貴重な証言が満載。神保町のK書店でも見かけない本ながらいつどこで購入したか記憶無し(汗)。

Photo_2移動の間に川崎駅前の某ホールが入るビルを訪問。先程の地震でホールの天井落下がニュースになっていましたが同じビルのレストラン街は通常営業の様子。何故このホールだけが被害甚大だったのか今だに不思議・・・。

2011年5月 6日 (金)

見直しました!

1 6日。新大久保の教会にジャーマンで出動。残響は豊かながら少々クセのある響きの空間との印象しかなかった今日の会場、フタを開けてみるとこんなにチェンバロ向きだったのかと改めて驚嘆!(音量といい音質といいバランスといい最高でした) 今回もスイスのNaoki氏の抜群の楽器コントロールが冴え渡った様子。終演後目白駅前商店街の新宿組の御大将に階段降ろしのチェンバロ積込みをお手伝い頂くもお互い重い鍵盤側しか持った事が無く軽くても両者尻尾持ちは初心者並み・・・(笑)。重い方を譲り合いならぬ取り合いとなった次第。

2011年5月 5日 (木)

ヴィオラ・ダ・モーレ

1_25日、先日昭和12年4月に我が国初(まだ確定は出来ず・・・)の古楽器演奏(ラヂオ放送への出演)はハープシコードとヴィオラダモーレの組み合わせだったとの資料に遭遇し早速他の情報も無いかと色々調査するも、この画期的な演奏に関しての資料が他に見当たらず苦戦中。(どなたかこの時代の資料お持ちではないでしょうか?) 以前見つけた戦後の楽器解説書に掲載の写真にヴィオラ・ダ・モーレが写っていたのが不思議でしたが(当時古楽器と言えばヴィオラ・ダ・ガンバの方が有名だったと思ってました)戦前にもう日本に来ていたのである程度は認知されていた(もしかして代表的な)古楽器だったのかも。

2011年5月 4日 (水)

茨城を行く

2_2 4日、今日は茨城県各地を訪問。昨日のいわき同様大きな地震被害を受けながら懸命な復旧活動のお陰でこの黄金週間に合わせて街に久々に活気が戻って来た様子。しかしマスコミ報道だけでは各地の実情が判らない・・・、私が体験した阪神大震災とは被害状況が大きく違う事を実感。今後の震災支援の活動の方法も慎重に考えていかなくては。

4オルガンのパイプ落下事故が報じられた水戸のホールにも立ち寄るが長期休業で中には入れず。外から覗くと落下したパイプがまだ床に置かれたまま・・・。余震続く間は修理に取り掛かれないのか? つくばの某オルガンもパイプ落下で演奏出来ない状態が続いているそうな・・・(こちらは海外から技術者が修理に来てくれないので仕方無くそのままだそう)

7次に津波被害を受けた那珂湊や大洗の海岸は観光施設が営業再開し港近くの道路は観光客で大渋滞、有名な魚市場はもう例年並みの賑わいが戻ってきている様子。(地元産の魚の姿が殆んど見れなかったのは残念、しかしこの時期仕方が無いのかも・・・) 毎年チェンバロのコンサートでお伺いしている港近くのお寺も訪問するも思いの外被害が小さな様子でホッ。鉾田の某製作家の工房(建物全壊だったそうですが)に立ち寄るも鉾田周辺の被害の凄さに改めて驚愕(地盤の悪さのためだとか) 高速の帰宅ラッシュを避けて午後早めに帰京。

2011年5月 3日 (火)

いわき訪問

173日、ゴールデンウィークの真っ只中に常磐道を北上。今年はこの方面だけはすいているのでは?と期待するも結構大渋滞(皆さん大洗方面への観光客だった様子)。茨城県や福島県各所を訪問し午後に地震以来初訪問のいわきへ。海岸周辺は津波の被害甚大ながら市街地は家屋損壊の他にも地盤陥没の被害が大きい様子。久々にお伺いしたアリオスは現在まだ建物の一部に安全確認が出ておらず楽器庫立入禁止との事で残念ながらチェンバロやポジティフオルガンと久々の対面が出来ず・・・。(3月11日の地震と共に4月中旬の2回の大きな余震の被害も結構あったそうな) しかし街中のお店を覗くと食料などが予想以上に豊富に並んでおりこの2カ月の復興振りを伺えました。水などは国内外の沢山の種類が山積みになっており(中にはハングル文字のペットボトルまで)制限無く販売(思わず買って帰ろうかと思ったほど・・・、しかし東京の人間が被災地で水を買うのもオカシイかと止めましたが) 早くチェンバロやオルガンの音色をいわきで聴きたいものです。

2011年5月 2日 (月)

彼らはやって来る

12日、地震以来海外からの来日演奏家が軒並みキャンセル続きの中(古楽系も殆んど来ていませんね・・・) この老舗グループは来日予定とか。今回の公演の目玉は何と言ってもこのラッパ吹き!再びあの超絶技巧の演奏が日本で味わえます。

3この老舗グループのリーダーはこのチェンバロ奏者・・・いやこの方は確か肩掛け式セロをお弾きになる方だったかも?(はるか昔は提琴をお弾きになっていた憶えが・・・)

2ソリストの目玉のもう1人はこの縦笛奏者・・・いやこの方もたまに(笑)横笛吹いていたような・・・。(今回も二刀流とか)

4しかし裏本命の目玉奏者は実はこのチェンバロ奏者。(前回の来日ではほとんど彼は評判にはならなかったのが不思議でしたが) 若干19歳でBruggeのコンクールを制しこの20年で一番の逸材と評判の凄腕の演奏に注目あれ!(チラシには写真も出ない地味な扱いながらブランデン5番では大活躍のはず・・・) 今回の公演は全国ツァーの他にも都内の某ホールのこけら落としシリーズに参加のはずが残念ながら開催中止、代わりに古楽公演も積極的に開催の某ホールでの公演が追加となった様子。乞うご期待!

2011年5月 1日 (日)

さらなる改造

21日、今やウチのチェンバロ陣の中で一番の鳴りっぷりを誇る白フレンチの御機嫌伺い。以前より気になっていた某箇所の部品交換(これは見事に成功か)や、さらなる音量増加の工夫など楽器との楽しい対話の1日。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »