梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 不要な自粛は復興の妨げか | トップページ | 都留音楽祭開催中止 »

2011年4月11日 (月)

堅牢なようで繊細

611日。西の某音大のチェンバロの御機嫌伺いに出動。楽器部屋はまだ肌寒く冬仕様の加湿器作動のままながら数日前の春の陽気のお陰か湿度は急上昇しておりチェンバロは湿気を吸い込みパンパンな状態、ピッチが20Hz近く上昇しており(!)何度も調律を繰り返す羽目に。この時期連日湿度が乱高下しているようで(数日前には湿度一桁という恐ろしい日もありましたね)楽器管理が難しい日々なので要注意。現代ピアノ並みに堅牢と思っていたモダンチェンバロが意外にもヒストリカルと同様に湿度の影響を受けておりやはりデリケートな構造だったと判明。ところで関西にいると地震も無く桜満開ののどかな日々ながら夕方東京に戻るといきなり強い余震連発の緊張した雰囲気に逆戻り。東西の震災への温度差は予想以上・・・。

« 不要な自粛は復興の妨げか | トップページ | 都留音楽祭開催中止 »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/39575196

この記事へのトラックバック一覧です: 堅牢なようで繊細:

« 不要な自粛は復興の妨げか | トップページ | 都留音楽祭開催中止 »