梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 日本古楽界の源流を探る(20) | トップページ | 日本古楽界の源流を探る(21) »

2011年3月 1日 (火)

オーディオと古楽

2 今日は珍しく千客万来のため楽器を片付けスタジオが広々、それでは!と久々に蓄音器観賞会を開催。1930年頃のアコースティック再生オーディオのクオリティの高さに皆さん驚かれた様子。この時代はオーディオ界もそろそろ電気再生に移行する頃、ちょうどランドフスカやドルメッチの録音活動等で世界的にレコードによる古楽ブームが起こるのと同時期というのが興味深いものです。1970年代デジタル録音の登場と第2次古楽ブームが重なるのと同じで、オーディオの進化と古楽ブームはいつも連動しているものだったのでは?

« 日本古楽界の源流を探る(20) | トップページ | 日本古楽界の源流を探る(21) »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/39071350

この記事へのトラックバック一覧です: オーディオと古楽:

« 日本古楽界の源流を探る(20) | トップページ | 日本古楽界の源流を探る(21) »