梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« ゴールドベルヒ變奏曲ツァー今日から | トップページ | バッハの音色 »

2011年2月 7日 (月)

調律師泣かせ

297日、最近遭遇したチェンバロ調律師イジメのお話。「あなたの調律は最後まで美しく響くかな?」と意地悪くチェンバロを弾き始めるチェンバリスト、オクターブのチェックから始まり上下の激しい鍵盤移動や不安定な4フィートの使用を交えて同じ調性の様々な旋律を休み無く繰り返すこと1時間15分。今日はト長調だけを演奏してチェックするよと油断させながら不意打ちのように急に長調から短調に切り替えたり・・・。調律師としては「もう賞味期限切れなのでこの位でご勘弁を・・・」と白旗上げる頃にとどめを刺すように「オクターブまだ合ってるかな?」と最初と同じ旋律を再び演奏するS趣味な(?)チェンバリストと「針のムシロ」状態のM趣味(?)の調律師。ゴールドベルヒ變奏曲とはこんな意地悪い曲なんでございますよ(汗)。

« ゴールドベルヒ變奏曲ツァー今日から | トップページ | バッハの音色 »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/38777792

この記事へのトラックバック一覧です: 調律師泣かせ:

« ゴールドベルヒ變奏曲ツァー今日から | トップページ | バッハの音色 »