梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« バッハの音色 | トップページ | 信州蕎麦行脚 »

2011年2月 9日 (水)

天空でベートーヴェン、疾走するバッハ

119日、今日はダブルヘッダー。まずは朝から雪降る中足立区の高層ビル21階にあるホールにフォルテピアノで出動。雪が積もれば上空から銀世界の帝都を見物出来るかと期待するもすぐに天気は回復し少々残念。

5ランチタイム公演はフォルテピアノによるベートーヴェンプログラム。初参上の天空に浮かぶホールは窓から見える絶景と言い会場のゆったりとした空間と言い今時ナントモ贅沢な会場(バブル全盛期を偲ばせる?)。しかしこんな高い場所でのフォルテピアノ演奏は初めてかも。

12夜はいよいよアンドレアス氏のゴールドベルヒ變奏曲の東京公演。疾走する重戦車のような迫力ある彼のバッハ演奏に圧倒されっ放しの濃厚な80分。本番前の調律だけで最後まで突っ走る調律師泣かせの曲なのにリハの頃から舞台上の湿度が急に低下したりと楽器の御機嫌取りに四苦八苦。やはり冬場の環境は厳しい!

« バッハの音色 | トップページ | 信州蕎麦行脚 »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/38808446

この記事へのトラックバック一覧です: 天空でベートーヴェン、疾走するバッハ:

« バッハの音色 | トップページ | 信州蕎麦行脚 »