梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 塩蕎麦 | トップページ | 日本古楽界の源流を探る(11) »

2010年11月23日 (火)

銘器

77 23日、先日の伊国伊達男操る銘器Stradivarius(一度もモダン楽器として手を加えられていないという驚異の「バイヨー(1732)」の滋味溢れる音色には圧倒されましたが)とのお仕事に続き、今日はさらに時代を遡る銘器H・Amati(1622)とのリハーサル。(本番はこちら) 数百年という年月を経た銘器の存在感はやはり凄い! 今度の公演はその銘器(今回はガット弦でA=415のバロックピッチ)の音色を至近距離で味わえるサロンコンサート、それも東京で一番天に近い(?)ホール(高度約100m!ガラス張りの舞台からの景色は絶品)での演奏です。乞うご期待!

« 塩蕎麦 | トップページ | 日本古楽界の源流を探る(11) »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/37808457

この記事へのトラックバック一覧です: 銘器:

« 塩蕎麦 | トップページ | 日本古楽界の源流を探る(11) »