梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 秋祭&上州饂飩 | トップページ | これぞショパン! »

2010年9月12日 (日)

プレイエルを知り尽くした男

2712日、いよいよ明日に迫ったショパン企画の舞台でのリハにプレイエルで出動。今日初めてウチのプレイエルとご対面という仏人演奏家、楽器に触るなり抜群のタッチコントロールで162歳の老ピアノから張りのある素晴らしい音色を引き出したのには仰天!聞けば自宅にショパン時代のプレイエルとエラールを何台もお持ちだとか・・・。道理でこのコントロールが難しいシングルアクションのピアノに精通しておられる訳ですね。明日は「これぞショパンが愛したプレイエルの音色!」に触れられるかも・・・。現代のピアノとの弾き比べもあります。(音量は意外にも互角でしたがその音色の違うこと!) 是非お聴き逃しなく!

« 秋祭&上州饂飩 | トップページ | これぞショパン! »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/36700248

この記事へのトラックバック一覧です: プレイエルを知り尽くした男:

« 秋祭&上州饂飩 | トップページ | これぞショパン! »