梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 落語と古楽は一緒? | トップページ | 欲しい・・・ »

2010年6月 2日 (水)

楽器に歴史あり

3 2日、まもなく出動の白フレンチのご機嫌伺い。先日の熱狂音楽祭で来日の仏国某過激派奏者(笑)に大幅に調整をいじられてからは多重人格になってしまったのか、調整次第でキャラが変身出来るようになってしまった様子。(実はイジラレタ後の方が音色は面白くなったのでは・・・) 調整後は今まで存在を知らなかった兄弟楽器が日本に来ていたとのことで某所で拝見。同じ製作家の同モデルながら10年近く生れが違うと各所に作風の違いがあるようでナンとも興味深し。ゲルマン魂溢れる(?)呆れるほどの堅牢な造りは不変なのですが・・・。 

« 落語と古楽は一緒? | トップページ | 欲しい・・・ »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/35017950

この記事へのトラックバック一覧です: 楽器に歴史あり:

« 落語と古楽は一緒? | トップページ | 欲しい・・・ »