梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 2010春 欧州楽器探訪レポート その5 「現代のチェンバロ」 | トップページ | アキバな1日 »

2010年4月24日 (土)

またも16fチェンバロに遭遇

24 24日、所用で出た池袋で久々にCD屋訪問。新譜コーナーで見つけたのがAシュタイアーの「GoldbergVariationen」。今回も彼の16fチェンバロ(Hassのコピー)での演奏。彼らしいシャープな演奏の中で16fは控えめな使い方ながらココ一番の「ドスン」という迫力の重低音はやはり新鮮!16f付きのチェンバロは何故か8fの響きも非常にダイナミック、このCDでその音色の違いをお確かめあれ! 彼のインタビューと噂の16fチェンバロでの演奏風景(自宅?)やコンサート風景(こちらは普通のジャーマンですね、多分最近評判のGriewischか?))も少し見れるDVDも付いてお得なCDです。彼の素晴らしいGoldbergVariationenの演奏は来年2月に日本でも聴ける予定。(静岡・松本・トッパンhで公演あり) 

« 2010春 欧州楽器探訪レポート その5 「現代のチェンバロ」 | トップページ | アキバな1日 »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/34367810

この記事へのトラックバック一覧です: またも16fチェンバロに遭遇:

« 2010春 欧州楽器探訪レポート その5 「現代のチェンバロ」 | トップページ | アキバな1日 »