梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 「過ぎにし恋」IN富山 | トップページ | コルネット入りのハイドン »

2010年1月29日 (金)

夢の調律法

Photo 29日、スタジオで出番間近のチェンバロフォルテピアノのご機嫌伺いとリハーサルの1日。最近演奏家からリクエストがあった調律法を挙げてみると Neidhardt(1724)、Bach/Lehmann, 1/8PC、1/6Meantone と中々バラエティに富んだラインナップ。(あれだけ人気だったVallottiは最近やってないかも・・・) 北ヨーロッパの連中はNeidhardt、オランダ勢はBach/Lehmann(例のグルグル文様ですね 上の五度圏図)のリクエスト多し。もう純正が沢山ある調律法は過去のものになりつつあるかも・・・。今度2月1日(神戸)3日(東京)での北谷直樹氏のチェンバロリサイタルでは2台のチェンバロ(ジャーマン2段と初期フレンチ1段)を使用するも、フレスコバルディ(100のパルティータ!)やL・クープラン、H・パーセルなどの初期物からバッハなどの18世紀物まで広範囲のプログラムをナンと同じ調律法で演奏の予定。初期物ではミーントーンの香りが充分あるしバッハでも良くフィットするという夢のような調律法、是非お聴きあれ! (上記の調律法のどれかです)

« 「過ぎにし恋」IN富山 | トップページ | コルネット入りのハイドン »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/33171488

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の調律法:

« 「過ぎにし恋」IN富山 | トップページ | コルネット入りのハイドン »