梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« ピアノとチェンバロの共演 | トップページ | ブランデン5番 »

2009年12月 4日 (金)

反対流タッチ

3 4日、明日本番の合唱団のリハにジャーマンで出動。この楽器、先日までの反対氏チェンバロリサイタルツァーで奏者に楽器の調整を大幅に変えられてしまったものの、極端な調整ながらバランスは取れている・・・、まずは世界のトップクラスの演奏家の好みの調整がどんなものか今日の演奏家に見てもらおうとわざと修正無しでリハーサルに突入。大幅なタッチの変更に戸惑うかも?と心配するも意外にも奏者からは「このタッチで大丈夫!」との反応が・・・。敏感でコントロールが難しいタッチながらプロにはかえって表現力アップに利するものなのかも。

« ピアノとチェンバロの共演 | トップページ | ブランデン5番 »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/32491519

この記事へのトラックバック一覧です: 反対流タッチ:

« ピアノとチェンバロの共演 | トップページ | ブランデン5番 »