梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 共演者は明治生まれ | トップページ | 寒い! »

2009年12月 9日 (水)

みちのく秋田へ

1 9日、昨夜東京を出発、早朝秋田に到着。途中の峠では一面雪景色、みちのくの山間部はもう本格的な冬到来ながら秋田市内は雪は無くホッ。雪が心配で時間に相当余裕を見ていたので午前中はノンビリ市内観光へ。

15 まずは古いレンガ作りの銀行だったという資料館を訪問。吹き抜けの広いロビーはまさに古楽器向きの残響豊かな空間。地元の方に聞けばコンサートにも使用しているとか(宣伝パンフにあったコンサート風景にはチェンバロの姿が)

37 次は私の趣味のSPレコードの世界では圧倒的な人気を誇る昭和歌謡のカリスマ・秋田出身の歌手東海林太郎の記念館へ。一般人には興味深い資料はあるもののディープなSPコレクターが驚くような珍盤貴重盤は残念ながら無かった様子。

44 昼は地元の市場で秋田の海の幸を眼と舌でじっくり堪能。旬のハタハタがずらりと並ぶ姿は中々壮観。いぶり大根やとんぶり・じゅんさいなどどれも美味しそう。

53 午後は今日から始まる室内アンサンブルの全国ツァー初日公演に白フレンチで出動。北国のホールの舞台は20%近い厳しい乾燥ながら我がゲルマン魂あふれるタフなチェンバロは少々のことではビクともせず頼もしい限り。

« 共演者は明治生まれ | トップページ | 寒い! »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/32550040

この記事へのトラックバック一覧です: みちのく秋田へ:

« 共演者は明治生まれ | トップページ | 寒い! »