梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« アクシデント発生・・・ | トップページ | 時間が無い! »

2009年7月 7日 (火)

寺神戸氏の共演者がボヤン氏から大井浩明氏に!

8_2 7日、激動の七夕です。

寺神戸亮&ボヤン・ヴォデニチャロフ 「モーツァルト~マンハイムーパリへの旅」 コンサートツァー についての緊急告知

共演を予定しておりましたボヤン・ヴォデニチャロフは、
来日直後、左手指の脱臼及び靭帯損傷により、全治2週間と診断され、演奏不可能ということで出演不能となりました。幸いにも大井浩明氏が代役出演をご快諾くださいました。よってフォルテピアノを大井浩明に変更させていただきますことをご了承下さい。(主催者のコメントです) 

奏者変更による払い戻しも可能。ただ公演内容は今のところ変更は無いようです。

Photo ということで、急遽ボヤン氏から大井浩明氏に交代となりましたが(幸運なことにヨーロッパ在住の大井氏が偶然帰国中でした)、大井氏と寺神戸氏は2006年10月にレ・ボレアードのモーツァルトのピアノ協奏曲(東京文化小ホール)で共演し、その時の演奏で大井氏がメデタク第61回文化庁芸術祭新人賞を受賞という中々強運の組合せでもあります。寺神戸 ・ボヤン両氏の鉄壁のモーツァルトも聴きたかったですが、寺神戸氏と大井氏という古楽界におけるバックボーンが全く違う2人のぶつかり合いがどんな化学反応(笑)を起こすかがまた楽しみでもあります。内緒の話ですがこちらのモーツァルトこっちのモーツァルトを聴き比べるというのもツウの楽しみ方かも?(プログラムご注目) さあ今回のツァー、災い転じて福となるか?

« アクシデント発生・・・ | トップページ | 時間が無い! »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/30440070

この記事へのトラックバック一覧です: 寺神戸氏の共演者がボヤン氏から大井浩明氏に!:

« アクシデント発生・・・ | トップページ | 時間が無い! »