梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 製作家加藤敦志氏のチェンバロデビュー! | トップページ | コンサート用フレンチチェンバロまもなく登場 »

2008年3月 4日 (火)

フォルテピアノでベートーヴェン

2 4日、スタジオでは4月から京都文化博物館(明治39年建築日本銀行京都支店跡・重要文化財)でスタートする大井浩明ベートーヴェンシリーズのリハーサル。数種類のフォルテピアノを作曲時代別に弾き分けるという全13回の意欲的な企画。私のフォルテピアノ(Walterモデル)は7月の第3・4回に参加予定。素晴らしい洋館でのフォルテピアノの音色が楽しみ! 練習魔のO氏、「ベートーヴェンは難しおすなあ~」(彼は京男)とボヤキ連発しながら長時間のリハーサル。3月は海外からのフォルテピアノ奏者の来日が多い様子、3月10日武蔵野市民文化会館小ホールでのアマンディン・ベイヤー(Vn) エドナ・シュテルン(Fp)のデュオコンサート、まだ日本では無名ながらフランス在住の若手奏者がどんな演奏を聞かせてくれるか請うご期待!(相変わらず前売ソールドアウトのようですが・・・) 3月下旬にはヒロ・クロサキ(Vn)&リンダ・ニコルソン(Fp)の大御所のお二人の来日ツァーもありますね。奏者によっての音色の変化はチェンバロ以上と感じるフォルテピアノの聴き比べが楽しみです。

« 製作家加藤敦志氏のチェンバロデビュー! | トップページ | コンサート用フレンチチェンバロまもなく登場 »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/10944340

この記事へのトラックバック一覧です: フォルテピアノでベートーヴェン:

« 製作家加藤敦志氏のチェンバロデビュー! | トップページ | コンサート用フレンチチェンバロまもなく登場 »