梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 年貢納め | トップページ | 西ポッペア本番 »

2008年3月13日 (木)

平均律のモンテヴェルディ

Gp_3 13日、西でのモンテヴェルディ公演のGP。初めてオケピットに入るも何とかチェンバロ・オルガン3台も無事納まり一安心。今回の大阪の老舗ホールの搬入口が中々意地悪で、途中に変なスロープがあり屋根の下まで車が入らない!大道具の搬入も苦労するとか・・・。俗に言う「設計者出て来い!」というホールですね。このホールもまもなく閉館とか。(私は今回で最後か?) 舞台の方に聞くと他にも閉館の危機のホールは全国に多いよとの事。琵琶湖畔の某有名ホールも閉館?売却?で揉めてると聞いてビックリ!(まだサラッピンではないですか!)

Gp_10 今回のモンテヴェルディのオペラ、モダン楽器での演奏という事でA=442の平均律で調律。最近ミーントーン調律でのモンテヴェルディばかり聞いていたので平均律による演奏は少々驚きでした。何しろ和音の変化のニュアンスが「ツルツル」に聴こえます。ミーントーン調律がいかにモンテヴェルディの音楽で重要だったかを再認識。しかし平均律での演奏を体験しないと理解出来なかったので今回は貴重な経験か。(何だか違う時代の曲に聴こえるし・・・)

« 年貢納め | トップページ | 西ポッペア本番 »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/11288660

この記事へのトラックバック一覧です: 平均律のモンテヴェルディ:

« 年貢納め | トップページ | 西ポッペア本番 »