梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 大和撫子にはチト難しい? | トップページ | 神戸の震災から13年 »

2008年1月16日 (水)

贅沢な保管場所

Photo16日、常時楽器で溢れかえっている我がスタジオ、「チェンバロ預かっても良いですよ」とのありがたいご好意で、ご近所のサロン「Space 1F」へ当方のフレミッシュ2段チェンバロを早速お届け。ウチの狭い部屋とは違って天井の高い本格的なチェンバロ専用スペースで聴く我が楽器の音色はもう別物! しっかりした内装とゆったりとした空間のスペースは羨ましい限り。 午後からは少し広くなったスタジオでポジティフオルガンのリハーサル。その後2月11日の「Space 1F」での調律レクチャーの打ち合わせ。当日はポジティフオルガンとチェンバロ(もしかして2台?)を使い、30年前に流行したバッハ/ケルナー調律と最近話題のバッハ/レーマン調律の聴き比べや、他の時代の代表的な調律など結構沢山の調律法を使う事を決定。私もどんな響きの違いが体験出来るのか楽しみです。 バッハ/レーマン調律とミーントーン調律の聴き比べという2月27日の明日館講堂での「シーベ・ヘンストラ チェンバロリサイタル」もお聴き逃しなく!

« 大和撫子にはチト難しい? | トップページ | 神戸の震災から13年 »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/9917065

この記事へのトラックバック一覧です: 贅沢な保管場所:

« 大和撫子にはチト難しい? | トップページ | 神戸の震災から13年 »