梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 神風吹いた! | トップページ | 楽器で溢れるスタジオ »

2007年3月 6日 (火)

クラヴィコード拝見

6日、朝昨日より少し寒い神戸を出発、またもや信州を通って東へ。相変わらず雪は無く勝沼の桃が咲き乱れる美しい桃源郷の出現もまもなくか?東京に戻り早速江戸川区のチェンバロ・クラヴィコード製作家の高橋辰郎氏の工房を訪問。

_10_12 少し前に高橋氏から「ペダル16f付きの面白いクラヴィコードが完成したよ」との連絡があり興味津々で工房へ参上。通常のブントフライの大型クラヴィコードの下に巨大なペダル用弦の備わった初めて見るユニークなスタイル。まだ完成直後ながら弾きやすく豊かな音量の高橋氏会心の出来の様子。16fのペダルも反応の良い手応えならぬ足応え。

_14_9 新作のチェンバロも同時に拝見。イタリアンの色濃いジャーマンのシャープな音色も素晴らしい!キース・ジャレットが愛用したジャーマンとはコンセプトが違うシュートスケールの設計とか。

_15_4 職人気質の木工細工も得意ながらお茶目な面も併せ持つ高橋氏。ジャーマンのイスは何故か尻尾が生えててハイヒールブーツを履いている?工房のあちこちに面白い作品が隠されており楽しい!(高橋氏は楽器以外の作品も多く製作し作品展も多数開催されてます)

_18_3 最後に奥様であるチェンバロ奏者高橋尚子さん(マラソンのQちゃんと同じ名前でしたね)に演奏していただきこのユニークなクラヴィコードの音色を存分に体験。

« 神風吹いた! | トップページ | 楽器で溢れるスタジオ »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/5593894

この記事へのトラックバック一覧です: クラヴィコード拝見:

« 神風吹いた! | トップページ | 楽器で溢れるスタジオ »