梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 草月流 | トップページ | 十日戎 »

2007年1月 9日 (火)

旧甲子園ホテル

9日、世間はやっとお正月明けの様子。

Photo_74 今日は今度1月13日(土)15時開催のシューベルティアーデコンサートの会場である兵庫県西宮の旧甲子園ホテルの紹介など。昭和5年建築のこの建物、当時「西の帝国ホテル」と呼ばれただけあって豪華さは目を見張るものがあります。奇跡的に戦争や阪神大震災を乗り越え、約80年前の姿で現存する日本有数の貴重な建築です。コンサートの前後に素晴らしい内装や庭園など見学可能。是非シューベルトの歌声とフォルテピアノの音色、そして豪華な建物を味わえるコンサートにお越しください。

詳しくはシューベルティアーデHPまで。

_1_38 正面玄関からの姿。当時画期的だったはずの回転ドアが未だに現役で迎えてくれます。軍艦の姿に似たタワーが目立ちます。

_2_26 庭園側から見た外装。いかにも帝国ホテルに近いライト風のデザインに圧倒されます。(ライトの弟子の遠藤新の設計) 手間の掛かった装飾に当時の最高級ホテルの威厳を感じます。

_3_24 内部も豪華なデザインの壁や柱、洒落た照明などが建築当時の姿がよく保存されています。

_4_14 演奏会場の前にある洒落た噴水。トレードマークの打ち出の小槌のデザインが面白い。(このユニークなデザインは建物の各所に使われています)

_5_17

広い庭園も散策出来ます。

_6_6 入口近くの現在は事務所となっている部屋の内窓。有名な東京の旧朝香宮邸の装飾ガラスに負けない斬新なデザインが素晴らしい。ただデザインの意図は不明とか。不思議な形をしています。

« 草月流 | トップページ | 十日戎 »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/4863056

この記事へのトラックバック一覧です: 旧甲子園ホテル:

« 草月流 | トップページ | 十日戎 »