梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 厚木のうどん屋 | トップページ | 祝!大井浩明氏芸術祭新人賞受賞 »

2006年12月21日 (木)

新イタリア合奏団IN前橋

21日、今日の新イタリア合奏団の公演は群馬の前橋、上州うどんの本場ということで早速人気店へ。

_2_22 まずは田中屋。うまかうどんというお店のお勧めの一品を頼むも「1人前ですね」と確認され「そうです」と言えば、何と1人前がざる2枚!

_1_34 光り輝く腰のある麺を熱々の肉入りのつけ汁で食べるスタイル。しっかりとした歯ごたえと素朴ながら味わい深いダシがマッチして美味。普通の量でも多いのにメニューにはザル3枚とかまだ大盛りがある様子。讃岐でもそうでしたがうどん文化圏では量が多いのが当たり前なのか。高級蕎麦屋に是非見習ってもらいたい!何件かハシゴするつもりながら1軒目で満腹に近くなり少々予定が狂う。

_3_22 2軒目は製麺所の横で営業のお店。こちらも普通の量が大盛り並み。先ほどと同じくつけ汁スタイル。讃岐風のセルフの天婦羅のオカズが豊富でうれしい。こちらは麺直売のせいか何しろ安い。腹いっぱい食べて500円程度はありがたい。はち切れそうなお腹をさすりながら3軒目4軒目を覗くも幸い(?)早々と昼過ぎに店仕舞いで内心ホッとしながらうどん巡りは終了。上州うどん恐るべし!を実感しました。

_5_12 新イタリア合奏団のツァーも終盤戦。今日は千住真理子(Vn)、高木綾子(Ft)、曽根麻矢子(Cem).毎日ブログ更新の高木さん、OFFの昨日に「けがしちゃった」とのブログタイトルでビックリ。結局大したことが無いとの事でひと安心。3週間近いツァーながら、今回はほとんどトラブルがなくすべて順調に進行中。イタリア人も時間には厳格だし(これが驚き!)迷子にならないし、手の掛からないグループでした。(フランス人やスペイン人などはこうは行かない場合が多い?) 油断禁物!ツァーは後2公演です。

« 厚木のうどん屋 | トップページ | 祝!大井浩明氏芸術祭新人賞受賞 »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/4628567

この記事へのトラックバック一覧です: 新イタリア合奏団IN前橋:

« 厚木のうどん屋 | トップページ | 祝!大井浩明氏芸術祭新人賞受賞 »