梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« TV収録 | トップページ | 神戸散策 »

2006年11月 3日 (金)

南米のバロック音楽

_3_10 3日、関西へ移動。いつもの忍法「瞬間移動の術」を使うも今日は連休初日ということで「行楽ラッシュ」と「事故渋滞」という強敵が現れ四苦八苦。昼食も食べずひたすら走り続け大阪の会場にギリギリで到着。今日の会場は私の大好きな千里万博公園内の民族学博物館(展示は素晴らしいのですが、演奏する講堂はバロックには苦しい音響でした)。明後日公演の本山秀毅指揮京都バッハ合唱団&大阪チェンバーオーケストラで「いまよみがえる南米のバロック音楽」という珍しいプログラムのリハーサル。ポジティフオルガン、チェンバロ、リュート、リコーダーと様々な楽器のアンサンブル。ドメニコ・ツィポーリなど初めて聴く南米の作曲家の曲が興味深い。

« TV収録 | トップページ | 神戸散策 »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/4055094

この記事へのトラックバック一覧です: 南米のバロック音楽:

« TV収録 | トップページ | 神戸散策 »