梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« オペラは色彩の魔術か | トップページ | ロバート・レヴィン »

2006年11月29日 (水)

明治学院大学アートホール

29日、前日に続き西武線沿線商店街組合のI氏の応援で2元中継。_1_20

いよいよリハーサル最終日の北とぴあ「月の世界」は一般の方を招いての公開練習。仕上がりは上々、あとは本番を待つばかり。今まで異常乾燥で泣かされてきたこのホールも今年は雨続きで幸い充分な湿度をキープ。ところが今日はついに晴天になってしまい湿度の低下を心配していましたが、何故か湿度は高いままでひと安心。チェンバロの調律はほとんど狂わなかった様子。同様に湿度に敏感なバロックティンパニーは微妙な空調の風でピッチが乱高下との事。楽器によって違うもんだと痛感。

_8_5 もう1件は明治学院大学のアートホールで「コンサート・ソムリエ」のコンサート。明学で教鞭を取るメンバーを中心に組まれたアンサンブルで、今回は「笛を吹く人気アナウンサー」から「お話の達者なリコーダー奏者」へ変身の朝岡聡氏がゲスト。_5_9

朝岡氏のさすがプロという軽妙なトークと様々なリコーダーの独奏を交えて各メンバーがソロを熱演。最後に今回が初演となるバッハのブランデンブルグ協奏曲第4番の「室内楽編成版」を披露。歴史ある明学のチャペルも趣があって良かったのですが、新しいアートホールは煉瓦地の8角形のゆったりとした空間で、古楽器演奏には理想的な音響でした。特にチェロなどの低音楽器が素晴らしい!

« オペラは色彩の魔術か | トップページ | ロバート・レヴィン »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

たった今知ったのですが、今回演出を担当なさっている実相寺先生お亡くなりになったのですね。

突然でびっくりです。
合掌。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/4362483

この記事へのトラックバック一覧です: 明治学院大学アートホール:

« オペラは色彩の魔術か | トップページ | ロバート・レヴィン »