梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« ドイツからのモーツァルトの調べ | トップページ | チェンバロを運ぶ戦車? »

2006年10月15日 (日)

秋の夜空に響くウィーンの歌

15日、朝から会場の下見の掛け持ち。我々はまずは会場に楽器が入らないと話が始まりません。下見先の1箇所は結構難易度の高い搬入経路と判りさっそく対策を講じる。いつも入れ易い会場ばかりで無いのが辛いところか。

_25_1 午後から2日連続となる明日館でのフォルテピアノのコンサート。今日はソプラノの松堂久美恵とフォルテピアノの小倉貴久子の共演で古典派の歌曲のコンサート。昨日と同じ会場なのに演奏家や楽器が違うと音色が驚くほど変化する面白さ!

_0_1 演奏曲は、古典派の金看板モーツァルトから始まり、同じ時代のコジェルフやシュテファン、ライヒャルト、パラディスなどのユニークなプログラム。モーツァルトの「老婆」という珍しい曲では松堂さん入魂の老婆の演技。(演技せずに普通にやれば良いのにという影の声もあり)

_14_1 曲間にはお馴染みの安田和信氏の軽妙な解説あり。後で聞くと様々な業界関係者の物真似を演じながらのお話だったよう。(解説の解説が必要だったかも・・・) 演奏家の何やら物言いたそうな視線にご注目あれ。(要らん事言うなよ・・・という事かちょっと怖い2人でした)

« ドイツからのモーツァルトの調べ | トップページ | チェンバロを運ぶ戦車? »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/3820250

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜空に響くウィーンの歌:

« ドイツからのモーツァルトの調べ | トップページ | チェンバロを運ぶ戦車? »