梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 池袋でお買い物 | トップページ | 50年経ったパイプオルガン »

2006年10月 2日 (月)

スピネットチェンバロ

2日、早朝雨の東京を出発、渋滞の無い山手通りをスイスイ進みすぐに東名へ。静岡県で雨もやみ時には晴れ間も。昼すぎに京都到着。

0_11 午後から京都のお宅でスピネットの調整。年配(?)のチェンバロ関係者は多分一度はお世話になったに違いないお馴染みのT社のスピネット。私もこの仕事を始める頃家で預かって色々遊んでおりました。(一体誰の楽器だったか思い出せないのですが・・・) 大昔、神戸のヤマハの店頭に並んだ時は「これが噂のチェンバロという楽器か」と興味深々で見た覚えがあります。(もう30年も経つのか!) このスピネットは20年以上経っている物も数多く見かけますがほとんどはまだ健在(もしくは修理可能)というのが凄い!日本の古楽普及の大きな原動力だったのでは。今日の楽器も苦労の末無事よみがえりました。これからも末永く頑張ってくれるでしょう。夜神戸に到着。早速最近人気の和歌山の酒「黒牛」純米原酒を入手。でも晩酌はワインからスタート。

_1_6 おまけ。今日は家族の誕生日のお祝い。海の幸の手巻き寿司のご馳走。美味し。

« 池袋でお買い物 | トップページ | 50年経ったパイプオルガン »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

スピネットって低音は「ド」の音で終わりの楽器が多いのでしょうか?実際に弾いたときのタッチはグランド型の楽器と違うのでしょうか?教えてください。

このスピネットの持ち主の山本優子と申します。調整してくださり有難うございました!
今日練習で使ったのですが、別人(?)のような音で感動的でした!

10年ほど前でしょうか、買ったはいいがまったく弾いてないまま10年経ってしまった、という方から格安で譲り受けたものです。
あちらこちらに持ち運び、いろいろ活躍してくれていますが、おそらく前の持ち主の方のころから一度も調整されていなかったので、触っていただいてお分かりの通りの悲惨な状態でした。

これからも重宝して使いたいと思いますので、またお世話になるかと思います。よろしくお願いいたします。
また、11月のコンサートではお世話になります!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/3666900

この記事へのトラックバック一覧です: スピネットチェンバロ:

« 池袋でお買い物 | トップページ | 50年経ったパイプオルガン »