梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 古都を賑わす兄弟喧嘩 | トップページ | 練習魔? »

2006年10月29日 (日)

ラ・フェート・ギャラント登場!

_3_9 29日、早朝帰京。スタジオに入ると乾燥が激しい!外が雨でも室内は乾燥する冬型の天候へなりつつあるようですね。楽器をお持ちの皆様、ご用心を。

今日は近江楽堂でラ・フェート・ギャラントの昼夜連続公演は新録音のCD「パリの悦楽」の発売記念コンサート。出演は最近「フルートの肖像」という情報満載な楽器解説書を出版した前田りり子(Ft)、2台のVnを曲によって丁寧に弾き分けた桐山建志(Vn)(シャツとネクタイを曲ごとに変えたのも凄かった!判りましたか?)、ロンドンを基点に世界で活躍の市瀬礼子(Vg)、アンサンブルと共に意欲的なソロ活動も光る平井み帆(Cem)の4人に、_5_5 ゲストの原雅巳(Sop)を交えてのジャーマン&フレンチプログラム。テレマンやボワモルティエ・モンテクレールなどの名曲の他に、ベルニエやルベル、ギュマンなどの渋い選曲も。

_10_4 チェンバロ技術者にとっては楽器に興味深々でしたが、平井さん愛用の故堀栄蔵氏作のフレンチが素晴らしい!丁寧な作りと明瞭な音色(鳥の羽使用!)は当時の日本では突出したレベルでは?_14_3

楽器の中で今回の注目はやはりこの素晴らしい装飾のガンバでしょうか。今回特別にお借り出来たというオリジナル楽器の深みのある音色が素晴らしい!

高い演奏力とコダワリの楽器のマッチが冴えるコンサートでした。

« 古都を賑わす兄弟喧嘩 | トップページ | 練習魔? »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/3991632

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・フェート・ギャラント登場!:

« 古都を賑わす兄弟喧嘩 | トップページ | 練習魔? »