2024年6月20日 (木)

百貨店屋上のうどん店閉店

1_2024062020400120日、ご近所のホールリハ室に二百歳の老ピアノで出動。同時に沢山のリハがあるのでいつも業界人に会える場所だったのが最近は空き部屋多く少し寂しい状況の様子。

6_20240620204601ホール近くの駅前百貨店屋上の老舗うどん屋が今月で閉店と知り覗くも残念ながら品切れ早仕舞いのためうどんにありつけず。聞けば閉店のニュースで人が殺到しておりとうとう整理券出しても大行列だとの事。もう都心ながらノンビリした百貨店屋上の青空の下で美味いうどん食べれないのがチト残念。

2024年6月19日 (水)

仕上がりチェック

2_2024061922090119日、スタジオで出陣前の楽器陣のご機嫌伺い。楽器は入れ替えるも面倒なのでスタンドは兼用しようと英国製イングリッシュモデルのスタンドに独逸製フレンチモデルの本体を乗せるとサイズは合っているはずが何故か居心地悪し。きっとお互いいがみ合っているのかも・・・。

3_20240619221501英国製イングリッシュ2段の仕上がり具合のチェックで演奏家来訪。予想以上に面白い楽器ですねと合格点を頂きひと安心。

2024年6月18日 (火)

楽器満杯

Photo_2024061817050118日、スタジオ内3台楽器ドッグ入り中で楽器満杯ながら今日だけで連続で4台弾いて頂く事になり置き場所確保で大騒動。阿蘭陀に楽器部品注文したので銀行で送金するも余りのユーロ高に仰天。こりゃしばらく海外から楽器買えないなあと溜息。

2024年6月17日 (月)

フォルテピアノ・チェンバロ練習サービス開始

3_2024061721210117日、独逸製フォルテピアノを江戸川区のサロンに搬入。階段上げが困難なので吊り上げで2階上げ。17_20240618094301このサロンではフォルテピアノと1段ジャーマンの練習サービス がスタート。フォルテピアノは独逸製のシュタインモデルでモダンピッチ対応可能、チェンバロは阿蘭陀製1段ジャーマン(ミートケモデル)。

14_20240617214201 今迄コンサート(キャパ50席)やCD録音で使用していた天井まで高さ5mもある音響最高の広い空間で存分にフォルテピアノ、チェンバロを弾いて頂けます。

18_20240617213001楽器搬入後ご近所で最近見つけた小さな魚料理のお店でランチ。上質な魚を安価で出すお店は大繁盛で時間帯外さないと行列必至か?今やサロンに行く大きな楽しみのひとつに。

28_20240617213401スタジオに戻り修理完成間近の英国製イングリッシュ2段を某演奏家が試奏。長年冬眠状態で鳴りが鈍かったチェンバロをアッと言う間に目覚めさせ豪快に鳴る様にしてしまった抜群の鍵盤コントロールに感嘆!イングリッシュモデルからこんなに甘く明瞭な音色が出るとはビックリ。

2024年6月16日 (日)

18世紀英国人の拘り

2_2024061618070116日、ドッグ入り中のイングリッシュ2段チェンバロ、色々試行錯誤の末やっと演奏可能な状態まで到達。当初ノーマルなフレンチカプラーへの改造を検討するも本来の英国式メカニックの方が楽器のポテンシャル引き出せるだろうと途中で方針変更し楽器製作時のオリジナルイングリッシュ仕様に戻す事に。鍵盤連結しないので2本3本同時に鳴らした時のタッチの軽い事!18世紀英国人の拘りが垣間見れた次第。

2024年6月15日 (土)

蝉初鳴き

Photo_2024061517060115日、猛暑の中徒歩で外出、近くの公園でそろそろザリガニお出ましかと池覗くも姿見えず代わりにシオカラトンボ発見。もう蝉鳴いてますね(初鳴き?)。梅雨前に早くも真夏の様相。

2024年6月14日 (金)

抜歯

22_2024061418480114日、急な歯痛に耐え兼ねご近所の歯医者へ朝一に飛び込むもすぐに治療して頂き感謝。奥歯の悪化激しく抜くしか無いよと言われいきなり抜歯するも僅かな時間で全く痛み無く終えてしまう腕の良さに感嘆!

Photo_20240614185801格闘中のイングリッシュ2段チェンバロ、東のスタジオに移して仕上げ調整。勝手知ったる音響の空間でないと精密なヴォイシングが難しい・・・。

2024年6月13日 (木)

花見

7_2024061319180113日、現在お相手しているイングリッシュ2段は外装も凝った木目の化粧板を使い実に英国風。他では余り関心を持たれなかった自国英国製オリジナル銘器を出来るだけ忠実に復元しようとした英国人製作家の執念を感じる力作か。

14_20240613192501作業終わりにご近所(チト遠い?)のビーチに花見へ。もう泳げる暑さながら海開き前なのでビーチは閑散。

12_20240613192801海傍の紫陽花の名所を覗くもまだ見頃前で残念。

2024年6月12日 (水)

シュタインとイングリッシュチェンバロ

1_2024061219060112日、季節の変わり目に調整依頼続き今日も米国製シュタインのご機嫌伺い。お部屋の空調管理徹底されているので調律調整殆ど変化しておらずご機嫌は上々でひと安心。正に環境変化激しい日本での海外製楽器保管のお手本と言える好例。

7_20240612191401訪問先の帰路有名神社参詣道に寄り道。親族多いエリアながら実はこの神社は初参拝?噂通りお百度参りの方多数にビックリ。

13_20240612191901ランチは参詣道の老舗茶店で「よもぎうどん」「炊き込みご飯」「おでん」「よもぎ餅」「お稲荷さん」と名物を欲張って並べたセットを注文。口煩い河内のマダムもこれだけあれば文句言わない?

15_20240612192601スタジオに戻り英国製イングリッシュの修復作業。楽器の本来のキャラクターが見えてきたので後はその特徴を生かしながら弾き易くする作業に邁進。結果半世紀前の大味なタッチから今時の敏感なタッチに大幅変更へ。

2024年6月11日 (火)

英国らしい音色

1_2024061118340111日、若い衆から現代若者事情のレクチャー受けた後飯奢る事になり御贔屓の一膳飯屋へ。おかずに名物玉子掛け御飯を足して注文。今や少々割高に感じる値段になるもおかずの種類の豊富さと店員の愛想の良さで相変わらず大繁盛の様子。

3_20240611183901連日の英国製イングリッシュモデルがお相手。仏蘭西様式への改造を諦め英国様式に忠実に戻していくと楽器のご機嫌が徐々に直り始め仏蘭西の様な甘い音色では無く少し辛口ながら引き締まった明瞭な音色が出る様になりホッ。成る程英国らしい音色とはこんな感じかと納得した次第。

«ドーバー海峡から引き返す

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ