梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

2019年7月21日 (日)

クラリネットダモーレ

640x46721日、間も無く開催のフォルテピアノと古典クラリネットの公演のリハに200歳の老ピアノを提供。今年1月に来日のオリジナル管楽器アンサンブルの公演でも大活躍だった珍しいクラリネットダモーレが今回も登場ながらそのユニークな先端部分の向きが1月とは反対向きなのにはビックリ(この方が演奏し易い為だとか)。是非その面白い形状本番でご確認あれ!と言いたい所ながらチケット完売との事で残念。完売と言えば同じ200歳の老ピアノが登場予定のベルリンのフォルテピアノを含むオリジナル楽器のトリオの唯一の来日公演もチケット発売開始後早々に完売との事(今から宣伝しようと思っていたのですが・・・)ピリオド楽器ショパンコンクールが話題になったお陰かフォルテピアノの公演にお越しになるお客様が増えているようでナニヨリ。ウチの主催では12月26日池袋の洋館で開催予定の川口成彦フォルテピアノリサイタル(こちらも200歳の老ピアノが登場)もまだ正式な宣伝しない内にもうチケット半分も出てしまってますね。近々正式に明細発表の予定ですのでご予約はお早目に。連日凄い湿気の日々が続く中チェンバロの弦切れました!とのSOSが多数有り、今日も堅牢さを誇るT社スピネットの断弦修理で緊急出動。御江戸は冷夏と言いながら湿気は例年以上かも・・・。

2019年7月20日 (土)

浪速でリサイタル

1-640x427_2019072101340120日、浪速の人気ホールでの欧米で活躍中のチェンバロ奏者の帰国リサイタルに鳥の羽フレンチで出動。コントロール難しい鳥の羽のタッチをほぼ完璧に弾きこなした鍵盤捌きが実に見事。古今東西の銘器を積極的に弾いて来た実績の賜物か・・・。デビューCDはかの巨匠レオン八ルト愛用の銘器で録音されてましたが今度はスイスにあるオリジナルルッカースで録音するのだとか・・・。CD発売が楽しみであります。今日のホール半円形の程良い広さの客席で実に古楽系向き、今度は10月にここで仏蘭西チェンバロ界の大御所クリストフ・ルセ が同じ鳥の羽フレンチを弾く予定。乞うご期待!

2019年7月19日 (金)

古楽TV目白押し!

3-640x41019日、古楽ファン注目のTV番組が続々放映の予定!まずは今週末(21日夜)地上波にフォルテピアノ界の獅子王のモーツァルトPf協(モダンピアノでの演奏)が登場。大ホールでモダンオケ相手に爆音モダンピアノで暴れてきた翌日に涼しい顔で絶妙なタッチでフォルテピアノを弾いた二刀流の巧者振りには脱帽でありました。絶賛だったモダンPfでのベートーヴェン皇帝是非ご覧あれ!

8-640x480その後も衛星TVでは古楽の演奏の放送が目白押し!私が関わった公演は伊国老舗古楽オケのヴェスプロ公演(2日連続放送)、仏蘭西のチェンバロの重鎮デュオ公演、仏蘭西の巨匠によるオリジナルアルペジョーネ公演(オリジナルフォルテピアノも登場)、仏蘭西チェンバロ界の新鋭の初来日公演(10月に再び来日の予定)、欧州で話題の実力派Vn奏者公演など見逃せない番組続きますので是非ご覧あれ!

2019年7月18日 (木)

想い出深い会場・・・

1-640x427_2019071822560118日、地元の老舗ホールでの合唱団公演にポジティフオルガンで出動。実はここは今から四半世紀前当時古楽界で絶大な人気を誇ったLa Petite Bandeの初来日の初日公演があった会場でして(阪神大震災後建て替わったのですが)、仏蘭西から届いたばかりの私の鳥の羽フレンチを憧れのグループに提供出来た想い出深い場所でもあるのですよ。当時超人気古楽グループが遂に来た!と古楽ファンは喜ぶもフタを開けると客席ガラガラでした。(そう言えばギャラは踏み倒されたままだったかも・・・)

2019年7月17日 (水)

日本の古典調律の歴史は関西から

4-640x427_2019071800010117日、西のスタジオで欧米で活躍中の実力派チェンバロ奏者の久々の帰国リサイタルのリハーサル。偶然ながら仏蘭西の大御所チェンバロ奏者 (実は彼女の師匠でもあるとの事)と同じ会場同じチェンバロでの競演となるそうな。チェンバロマニアは是非両公演の聴き比べをすべし!夜は古典調律の日本での元祖たる平島達司先生の元で調律を担当していたというベテラン調律師と久々にお会いして日本古典調律史の聞き取り調査を敢行。日本の古典調律の歴史は関西から始まったという数々のエピソードを拝聴。実は私も周辺にいたのですが中心人物の証言は実に興味深し!

2019年7月16日 (火)

東西気温違い過ぎ・・・

Img_9003-640x42716日、東でフォルテピアノ等3台調律してから楽器積込み西へ移動。東は記録的な雨続きの冷夏ながら西は例年通り蒸し暑くその温度差に唖然・・・。

2019年7月15日 (月)

不況?

640x427_2019071518030115日、御江戸東端のベイエリアに出動。都心で現存する数少ない庶民的な商店街にある昭和10年創業という超老舗食堂でレバー丼のランチ。某TVグルメドラマ番組にも出たという人気のお店ながら連休昼時でもガラガラとは意外。午後は某美術館のアートブックフェア―を覗くも「意識高い系若人」大集合で本よりもグッズ特売展の様相でオッチャン場違いの感有り早々に退散。最後〆はご近所の超有名大衆居酒屋に行くもここでも連休ながら満杯になっておらず仰天。不況の波は庶民の懐直撃しているようですね。

2019年7月14日 (日)

賢い楽器

1-640x36214日、合唱団のリハにウチで一番賢い楽器で出動。どんな環境でも絶対調律狂わない逞しい構造は蒸し暑い今の時期には実にアリガタイ。

2-640x427_20190714173301リハ立ち合い不要との事でご近所の駅周辺でのんびりランチをと散策するもこちら都内有数の居酒屋激戦区、連休でどの店も昼から御機嫌の呑兵衛達に占領され入れず(御贔屓の鰻屋も大行列でしたし)。街外れで鯵や胡瓜が入った宮崎名物冷や汁を出す店を発見。

2019年7月13日 (土)

気合入れてホール入り・・・

9-640x427_2019071319440113日、北関東のパイプオルガンで有名な人気ホールへ。今日は楽器の仕事でも無くコンサート聴きにでも無く注目するアート作家の久々の大規模作品展の鑑賞の為気合入れて開催初日朝から会場入り(客として正面入口からホールに入るのは久々も・・・)。

8-640x427_20190713195501600点以上展示という作品群が実に圧巻。勢いで作家トークショーに開演1時間前から並び「生Otake」も初鑑賞。年代近い作家の昔話どれも興味深いながら巨匠手塚との遭遇秘話には爆笑でありました。

5-640x427_20190713200401折角関東有数の漁港の近くに来たならばと港の海鮮食堂で恒例の海産物流通調査を敢行。ホールにお越しのお客様にもお勧めしたいところながら車が無いとついでに寄るのは難しいのが残念。

2019年7月12日 (金)

海水浴日和

640x427_2019071223220112日、西のスタジオ周辺は久々の晴天で絶好の海水浴日和。しばらくはビーチボーイス&ガールズで大賑わいか。スタジオでチェンバロの御機嫌伺いの後ランチはスタジオから少し離れた最近御贔屓の隠れ家海鮮割烹で名物の穴子丼。目の前の漁港で獲れたての穴子ホクホクした歯応えで実に美味し!夜東へ移動するも御江戸はまだ夏の気配来てないようですね。

«海開き直前