梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

2017年12月12日 (火)

2台同時にドッグ入り

1_640x46112日、ドッグ入りしていたスピネットをさるお宅にお届け。小型軽量の楽器なので階段上げも1人で大丈夫だと油断するも意外に急勾配な階段と判り結局2人掛かりで慎重に3階上げ。運送後に弾いてみると調律全く狂っておらず仏蘭西製の堅牢さに改めて感心。

4_640x427スタジオから楽器が1台嫁いで行くととすぐに今度は2台の楽器(2段チェンバロとクラヴィコード)がドッグ入り。どちらも初めてお相手する日本のベテラン製作家の30数年前作の楽器ながらそのユニークな作風と堅牢な作りに興味深々。

2017年12月11日 (月)

日本古楽事始めを伺う

2_640x42711日、ドッグ入り中の仏蘭西製の楽器の調整が完了し早速嫁ぎ先が決定。小型ながらバッハが弾ける音域を持つ「便利な」楽器でしたので争奪戦となった次第。

13_640x427午後は某所で日本古楽界の偉大な先駆者についての貴重なお話を関係者から拝聴。戦前に早くもリュートが日本に渡って来ていたという仰天のお話や現在の古楽界の重鎮の若かりし頃のお話など(写真見ても誰だか殆ど判らない・・・)など伺う事が出来日本古楽史研究家としては収穫多いひと時でありました。




2017年12月10日 (日)

師走恒例のMozartオペラ

1_640x42710日、某モダンオケの師走恒例のコンサート形式のMozartオペラ(今年はドンジョヴァン二)本番。今回のモダンオケは指揮者の弾き振りでフォルテピアノを使うだけでなくナチュラルトランペットや本皮ティンパニー、木管フルートなどを使い古楽テイストを交えた演奏ながら一般のお客様にも随分受けが良いようですね。段々モダンと古楽の垣根が取れてきているようで古楽好きでもモダン楽器のオペラ充分楽しめます。来年はフィガ口を上演予定(勿論フォルテピアノ入りであります)。

2017年12月 9日 (土)

軽い!

3_640x4279日、ドッグ入りの為仏蘭西製スピネットをさるお宅より引取。大量に出回っているT社のスピネット(重い!)に比べると音域広い割には随分軽量で1人で簡単に脇に抱えて持ち運べるのがアリガタイ。移動中都心のお洒落なブティック街を通り掛かると若者が朝からあちこちで大行列、師走の大バーゲンですかね。

2017年12月 8日 (金)

重鎮Duo千秋楽

4_640x4278日、仏蘭西の重鎮Duo公演郊外の人気ホールで早くも千秋楽。今回はこの二人の達人にチェンバロ演奏の奥深さと限りない可能性を存分に教えてもらった次第。イヤ私の楽器がこんなに鳴るとは思いもしませんでしたね(私の楽器を良く知る演奏家も同意見でした)。また二人が同じ楽器を弾いても全く違う音色が出て来るのにもビックリでした。古楽系の公演を多分日本一多く開催している今日のホール、来年も古楽ファンには楽しみな公演目白押しの様子。チェンバロファンには2月の伊太利の若手トップのリサイタル また4月にはまだ来日していなかった最後の大物Cem奏者の待望の初来日公演(まだ発表前ですが)など注目公演多し!チケット即完売が多いホールなので御用心。




2017年12月 7日 (木)

モーツァルトオペラにフォルテピアノ提供

1_640x4277日、昨日までの濃厚なラモーの世界から一転今日は某ホールでの軽快なモーツァルトオペラのリハに提供中のフォルテピアノの調律で参上。海外ではもうモーツァルトオペラではチェンバロでは無くフォルテピアノの使用が定番となって来ているようながら(ただ良いコンディションの楽器が出てこない事があるので困るというのが今回弾き振りの英国人指揮者の談)日本でも少しづつフォルテピアノを指名する指揮者が増えて来ており嬉しい限り。

2017年12月 6日 (水)

チェンバロDuo公演初日

3_640x4276日、仏蘭西の重鎮Duoの一般公演初日は築地の人気ホールから。二人共もうすっかり楽器に慣れてくれたお陰で実に多彩でダイナミックなチェンバロの音色の激突が迫力満点!楽器の魅力を限界まで引き出す二人の力量に改めて脱帽でありました。Sempe氏も「このホール音響最高!こんな良いホール世界中でも中々ないぞ」と興奮気味でありました。このDuoの明後日8日の武蔵野公演 、まだ少しチケット残っているとの事、この凄い演奏まだ未聴の方是非お聴き逃しなく!

9_640x427今回の2台のチェンバロの調律、Hantai氏と私が分け合って担当する事に。舞台の照明の熱や空調の風が気になるのでと彼の希望で今日はチェンバロのフタを閉めて調律する「欧州スタイル」。やはり日本のホールなので余り調律の持ちが良くないのではと危惧するも意外に最後まで安定しておりましたね。今度私もこの欧州スタイルやってみようかな?

1_640x427今日のホールは築地市場の真ん前なので場内市場でのランチが楽しみだったのですがナント今日は月1回(?)の休場日・・・(涙)。折角御贔屓の場内蕎麦屋で牡蠣南蛮を食べる事を楽しみにしていたのに見事空振り。それではと場外を探すと路地奥の小さな食堂を発見。名物という牡蠣フライを注文すると大振りな牡蠣が出てきて喜ぶも何故かフライというよりもコロッケのような揚げ方でちょっとガッカリ(牡蠣は美味しかったのですが)。お袋の家庭の味のような牡蠣フライでありました。





2017年12月 5日 (火)

シークレットギグ

17_640x4525日、仏蘭西の重鎮Duoの来日ツァーは某所でのシークレットギグからスタート。壁から天井まで贅を尽くした豪華な和風装飾で覆われた特別な空間で聴くラモーはいつもとは一味違う不思議な異国情緒漂う演奏でありました。それにしても2人の丁々発止の演奏のやり取りは実にエキサイティング!クールに弾くSempe氏と感情がストレートに表に出るHantai氏との対比も面白いですぞ!

2017年12月 4日 (月)

トラブル乗り越え仏蘭西の重鎮2人登場

9_640x4044日、仏蘭西の重鎮Duo公演のリハに2台チェンバロで出動。まだ大分時間あるとノンビリ調律しているとエラク早めに2人が登場しビックリ。聞けばパリからの飛行機が機体トラブルで12時間も出発遅れたそうで結局24時間掛けて日本に辿り着いたそうな。しかし2人共殆ど寝てないはずなのに早く楽器を弾きたいと休まず会場にやって来て疲れも見せず長時間弾き続ける体力には脱帽。またシャープなタッチと完璧なコンビネーションによる躍動感溢れるラモーの世界実に見事。たった2回の公演(12月6日東京 8日武蔵野)是非お聴き逃しなく!


2017年12月 3日 (日)

師走気分

1_640x427_43日、まもなくの仏蘭西重鎮Duo公演に出動のチェンバロ2台の調整がやっと完了。楽器の調整にうるさい奏者相手だけに(お一人は多分業界No.1でしょうね)時間掛かりました。ところがこのDuo公演どちらもまだチケット余っているそうな。業界最強コンビの珠玉の演奏聞き逃すのは勿体ないですぞ!是非お越しあれ!片や4月のオリジナルアルペジョーネが登場するという画期的な公演はチケット発売開始後すぐに完売したそうな(東京周辺で後2か所公演あるのですが)。

4_640x427 午後はまもなく開催のMozartオペラ公演の為某駅前人気大ホールにフォルテピアノで出動。ホールスタッフの方はもう師走の過密スケジュールの慌ただしさに少しお疲れの様子。オペラや第九が続くとそりゃ大変ですね。

3_640x444_2ホール前の広場では巨大Xmasツリーが登場しておりました。これ見りゃ一段と師走気分高まります(どうやって建物内に入れたんでしょうね?)。


«ちゃぶ台で聴くXmasコンサート

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ