梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

2018年2月19日 (月)

早朝引越

1_640x42719日、都心から郊外へのチェンバロの引越に出動。積込先が厄介な階段降ろしながら交通量多い幹線道路脇で昼間にはとても車ゆっくり停められないのでまだ薄暗い早朝に楽器積込を敢行。郊外のお届け先は広い庭に車が入り搬入実にスムーズ(庭にバナナの木があったのにはビックリ)。

5_640x427午前中に引越を片付け午後からはまもなくのフォルテピアノ界の貴公子久々の来日ツァーやオペラ公演等で出動予定のフォルテピアノ陣の御機嫌伺い。どの楽器も鳴りは良好ながら季節跨ぎの為調律が変化しておりピッチを戻すだけで万全の態勢に。




2018年2月18日 (日)

今度はスカルラッティ!

7_640x49718日、毎年5月GW恒例の有楽町熱狂音楽祭(今回は池袋でも開催とか)今年のラインナップがついに公開。注目は何と言ってもつい数か月前チェンバロデュオで来日したばかりのピエール氏のスカルラッティリサイタル(2公演を予定)。充実した録音を発表し続けている彼のお得意のレパートリーが遂に日本で聴けるとは実に楽しみであります。しかし古楽系少ないのが残念。また同時期こちらの人気ホールでの古楽企画4連チャンも凄い!スペインのVnの新星によるロザリオソナタ全曲公演(完売)、幻の楽器アルペジョーネ(オリジナル!)日本初上陸というVcの重鎮の公演(完売)、日本初登場のチェンバロ界の重鎮のBachフーガの技法公演 (完売)、そして欧州で大活躍のリコーダーの新星の公演(この公演のみ残席あり)。この春の海外演奏家の来日ラッシュ乞うご期待!

2018年2月17日 (土)

雪の信州蕎麦屋巡り

5_640x42717日、信州でのチェンバロ引越のお手伝いの為御江戸から往復700km日帰り出張。朝は晴天で快適な移動ながら午後から天気崩れ先週に続き雪降る中恐る恐るのドライブ。幸いチェンバロ積み下ろしの際は殆ど雪の影響無く無事お届け出来ホッ(晴れ男の御利益のお陰か?)。

2_640x427都心の周辺の週末大渋滞と信州の雪怖いので早朝出発するもスムーズに現地到着してしまったので時間調整の為(確信犯?)信州名物の蕎麦屋巡りを敢行。まずは超有名店に向かうも開店時間を間違え入店出来ず。仕方無く近所の有名寺前の観光客向けの大店に入るも意外に(失礼!)美味い蕎麦に遭遇。山菜、きのこ、野沢菜、山かけとラーメン屋風に言えばトッピング全乗せを注文するも量質ともに上々で幸先良し。

3_640x427続いて街外れ山麓近くの隠れ家風古民家蕎麦屋へ。十割蕎麦白黒2種盛りを注文するもどちらも素晴らしく濃厚な風味と味に感嘆。余り評判になっていないお店でこれだけのハイレベルの蕎麦に出会えるとは思っておらず嬉しい誤算でありました。熱烈なる御贔屓の店を発掘出来大収穫。

8_640x427最後に250年の歴史誇る酒屋の古民家を改造した藁葺屋根の蕎麦屋へ。地元名産の辛味大根のおろし汁(辛い!)と特製味噌を混ぜて頂く蕎麦その汁の独特のブレンドの相性良くこれも美味。今日は全く違う個性の蕎麦屋3軒巡るもどれも当たりのお店でありました。最後マイナス7℃まで下がった極寒の信州を激しい雪の中逃げるように帰京。





 

2018年2月16日 (金)

次世代の主役はこの男!

2_640x42716日、今御江戸で一番古楽公演に熱心な人気ホールでの伊国若手実力派チェンバロ奏者のリサイタルにジャーマンで出動。前回この楽器を弾いたのは2年前、今日はスカルラッティからハイドン、息子バッハ達と正に重量級のプログラムなのでさぞかし練習したいのではと早くから準備するも「そんなに練習しなくて大丈夫」との事で主役はノンビリ会場に登場しリハはたったの2時間弱(本番より短かった?)。本番でも比類無き超絶技巧と南国人らしい明快で躍動感溢れる演奏実に凄かった!次世代のチェンバロ界の主役はきっとこの男でしょうね。

1_640x423このホール、ご近所に美味しい店が無いと思っていたらご近所に地元民御用達の隠れ家的寿司屋があると知り勇んで訪問。皆さんのお目当ての大きなぶつ切りの刺身テンコ盛りの定食その豪快な量に大満足。いきなり我がホール周辺の美味いランチ店ランキングの筆頭に並ぶ御贔屓店登場でありました。




2018年2月15日 (木)

梅開花

1_640x42715日、都心を移動中立ち寄った庭園ではもう紅梅が開花中。春の到来を僅かに感じる陽気の中での密やかな花見でありました。このまま暖かくなってくれれば良いのですが・・・(まだ雪国遠征続く予定)。

2018年2月14日 (水)

ムショ訪問

1_640x427

14日、そろそろ年貢納めの時期到来、何故かいつも郵送される申告用紙が来ないので税ムショに出向いて尋ねるも「今年から一部の方には送ってません。申し出頂ければ送ります。経費節減です」との事。確かに電子申告なので不要という方も多い時代ながら「申告書来ないので今年は年貢払わんでも良いのけ?」という反応も結構有るとの事。そりゃそうだわな・・・。

2_640x465ムショからの帰りふと見ると半世紀前私の幼少時代からあるパン屋の看板がまだ現役で活躍しているのを発見しビックリ。もう年季が入り過ぎて絵柄は殆ど消えてますがシルエットは往年の凛々しいままでしたね。イヤ懐かしい!

15_640x427ムショの次は某大学に伺い若い世代のアート作品を鑑賞。日頃接している古楽とは対極の最先端のカルチャーを拝見、デジタルテクノロジー全盛時代に敢えてアナログテイストを取り入れている作品もあり中々刺激的でありました。

26_640x426関西から御江戸に移動するも車中から美しい「夕暮れ富士」を鑑賞。久々に御江戸に戻るもまだ街の片隅に雪残っているのにはビックリ。

2018年2月13日 (火)

伊米チェンバリスト激突

313日、今週来週は伊太利の若手実力派と亜米利加の大御所が立て続けに来日するという賑やかさ。伊国の若手のリサイタルはスカルラッティをメインにヘンデルやハイドン、息子バッハなどを披露の予定。圧倒的な鍵盤コントロールを誇る巧者だけに物凄いスカルラッティが聴けるのではと期待しております(チケット早々に完売なのが残念ですが)

8米国の大御所の来日ツァーはバッハとF・クープラン(生誕350周年ですね)という独仏2巨匠の作品を披露。チェンバロ界重鎮の王道を往く演奏楽しみであります(兵庫は完売、東京名古屋はまだチケット有り)。この2人同じチェンバロを演奏予定なのですが指定してきた調律法が全く同じだったのにはビックリ。最近の欧米のチェンバロ奏者は日本ではまだ定番の1/6PC系(VallotiやYoung)の調律を使わず全体的にまろやか乍らグラデーションが明快な調律法を好むようですね。2人の演奏でどんな響きになるか乞うご期待!


2018年2月12日 (月)

老舗サロンでチェンバロ調律

1_640x42712日、私が約30年前国内外の多くの演奏家と出会うきっかけとなった神戸の老舗サロンにチェンバロ調律で出動。ひな祭りの日にブルガリアから来日中の実力派歌手を含むメンバーでのコンサートの伴奏で久々にチェンバロ登場との事。このサロンしばらく古楽系のイベントはお休みだったのですが今後は常備のチェンバロを使って多彩なイベントを企画していくとの事。そう言えばこちらのピアノもD社製でしたね(何故か最近このメーカーのピアノばかり) 象牙鍵盤の年代物のピアノですが中々良い味で鳴ってくれます。

3_640x427午後は生まれ故郷の街へ出向くも古いお店は殆ど残っておらず知らない店ばかり。今日は実家近所で評判という洋食屋初訪問(昔は確か本屋だったはず)。少し値段高目ながら真っ当な料理を出すので地元民で程良く賑わっておりました(御江戸のような行列が出来ないのが関西の良いところか)




2018年2月11日 (日)

外は雪、中は灼熱

1_640x42711日、越中でのBach公演本番。朝一番会場に入り舞台の温度をチェックするといきなり25℃(短時間でも照明と暖房効き過ぎ!) 本番では外は極寒の雪模様なのに舞台は32℃という灼熱地獄の様相・・・。真冬ながらオルガンは暑さとの闘いでありました。終演後北陸道で福井を通過するも凄い降雪となり仰天、雪で立ち往生はかなわんと休憩も惜しんで走り続け何とか豪雪地帯から脱出出来ヤレヤレ。しかしこの冬の雪マジヤバイ・・・。近々加賀に再度訪れる予定ながら無事辿り着けるのか心配であります。

2018年2月10日 (土)

オルガン解凍中

2_640x42710日、雪国越中でのBach公演リハにオルガンで出動。連日の車中泊で冷え切ったオルガン前夜から冷気が来ない地下駐車場に車を泊め朝から特別に暖房の部屋を借りてもらい懸命に楽器を暖めるも中々ピッチが戻らずヤキモキ。楽器解凍中に街を散策するも予想以上に除雪出来ており車も人もほぼ支障無いもののあちこちに数mも積み上がった残雪があり先日の豪雪の凄さが垣間見れましたね。

10_640x427リハ会場にまだ暖まり切っていないオルガンを搬入すると今度は照明暖房きつく舞台上は30℃という猛暑・・・。先程まではピッチ上がらないと困っていたのが今度はピッチ上がり過ぎ・・・と悲鳴を上げる事に。




«雪の北陸へ